【マツダスタジアムで観戦するために】カープ球団が発表した有観客試合に向けた指針をまとめてみた
スポンサーリンク

2020シーズン主催試合の観戦席数についての指針

新型コロナウイルスの感染防止対策として、プロ野球は無観客試合で開幕をしました。
そしていよいよあと1週間もすれば有観客試合が行われます。

カープの主催試合としての有観客試合は7月14日(火)巨人戦からとなり、それに向けての指針が、6月30日球団公式ページにて発表されましたのでまとめてみます。

開幕して遠征が続いていたカープは今日7月3日、マツダスタジアムでの地元開幕戦を迎えます。
ただ降水確率が12-18時が80%、18-24時が70%と高く、試合が行われるかどうかが心配ではありますが、やっとマツダスタジアムでのカープが見られることが嬉しいです。

ステップ1 7月3日(金)阪神戦~7月9日(木)DeNA戦 6試合

・観客を入れずに試合を行います。

 

ステップ2 7月14日(火)巨人戦~7月30日(木)中日戦 9試合

5,000席(年間指定席のみ)
・年間指定席をご購入いただいたお客様のみご観戦いただけます。
・上限が5,000席となりますため、年間指定席をご購入いただいたお客様をグループ分けして観戦をご案内いたします。
・観客同士の密接を防ぐため、前後左右の座席を空けさせていただきます。

 

ステップ3 8月7日(金)阪神戦~

16,500席(政府のイベント開催制限目安による定員の50%)
・年間指定席に加え、一般入場券を発売し、最大約16,500席となります。
・観客同士の密接を防ぐため、前後左右の座席を空けさせていただきます。
・①万が一来場されたお客様が新型コロナウイルスに感染されていた場合に、着席されていた座席を特定し保健所へ連絡するため
②座席確保のための開門待ちの際にできる行列での密集・密接を避けるため
自由席を廃止し、全席指定とさせていただきます。
・グループ席、団体席につきましては利用人数を制限して発売させていただきます。

 

ステップ4 日程は未定

29,000席
・前後左右を空けていた座席は、通常通りに戻します。
・内野自由席エリアを指定席として発売します。
・①万が一来場されたお客様が新型コロナウイルスに感染されていた場合に、着席されていた座席を特定 し保健所へ連絡するため
②座席確保のための開門待ちの際にできる行列での密集・密接を避けるため自由席を廃止し、全席指定とさせていただきます。

 

内野自由席は今季全試合払い戻し

有観客試合になっても、前後左右を空けた座席にするため、今シーズンの内野自由席は廃止が決まりました。
そんな知らせがメールで事前に届いていました。

カープ球団から届いたメールの抜粋

 

今シーズンのお客様に入場していただく広島東洋カープ主催試合では、行政の指導により、「万が一お客様が新型コロナウイルスに感染されていた場合、座席の位置を特定し保健所へ連絡をする」、「自由席の座席確保のための開門待ちの際にできる行列での密集・密接を避ける」という点から、内野自由席を廃止し全席指定席として運営させていただく事になりました

つきましては、現在発表済みの入場券払い戻しに加え、8月18日(火)DeNA戦〜10月11日(日)ヤクルト戦までの「内野自由席」の払い戻しをお願いいたします
(詳細)https://www.carp.co.jp/ticket/haraimodoshi-koushiki6.html

 

スポンサーリンク

観戦チケットの販売と払い戻しについて

販売済みのチケットの払い戻しについて

7月18日(土)中日戦までの指定席
10月11日(日)ヤクルト戦までの自由席
上記はすでに払戻しが決定しています。

ステップ2・3の試合

ステップ2・3の試合では、前後左右の席を空ける必要があるため、すでに販売されたチケットについては払い戻しが決定しています。

ステップ2については、年間指定席購入者対応で再販売はありません
ステップ3については、年間指定席購入者に加えて、一般発売されます。

ステップ4の試合 -いつから実施になるか未定-

ステップ4の試合は、29,000席の入場が可能になります。
ただ、その場合も内野自由席は払戻しとなっています。

再販売についての案内はないので、ここからは予測です。
現在お持ちの指定席チケットについては、一旦払い戻しからの再販売はないと思います。

払い戻し対象で空いた内野自由席についは、内野指定席として再販売されると思います。

スポンサーリンク

有観客試合は順調にステップしていくのか

以上の内容で、有観客試合までの指針を6月30日に発表されましたが、ここ数日の東京都の新規感染者数の拡大を受けて、そのステップに影響が出ることが考えられます。

場合によっては、東京の緊急事態宣言が発令ともなれば、またリセットの可能性もあります。
そこまでいかなければ、東京など特定地区からの観戦自粛を要請するなど難しい局面になることも予想されます。

東京など一部の都道県を除いては、新規感染者数の発生は落ち着いているところがほとんどです。
カープ球団が掲げたステップ3の日程8月7日からの試合までおよそ1か月で状況が好転していくことを望むばかりです。

スポンサーリンク
おすすめの記事