カープ先発投手予想 ‐10月27日~11月1日- [対戦相手の先発予想あり]
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カープ先発投手予想 -2020年10月27日~11月1日-

テレビやスポーツ紙などの報道と、直近の先発ローテーションと投球内容を基に、予想しています。
対戦相手チームの先発予想も予想していますが、かなり曖昧ですので、お許しください。

対阪神戦 10月27日~29日(マツダスタジアム)

カープ先発予想 ヤクルト先発予想
10月27日 九里 高梨
10月28日 遠藤 石川
10月29日 薮田 金久保
10月27日
九里投手は現在安定感抜群。森下、中村祐投手とともに先発ローテーションの中で勝利期待度は高いです。
直近6試合の成績は、4勝1敗で現在7勝。あと3試合登板出来る可能性があり、二けた勝利というモチベーションもあります。
10月28日
遠藤投手の課題である立ち上がりの不安と制球難が解消されず、佐々岡監督に「毎回同じことの繰り返し」と叱責されました。
序盤悪くても、それ以後は別人のような修正力を発揮した投球見せるので、なんで初回から出来ないのか?
立ち上がりに注目です。
10月29日
薮田投手は前回見違えるような投球を見せました。
まるで2017年シーズンを思い起こすような好投でした。
2試合続けて好投できるかに注目が集まります。

対中日戦 10月30日~11月1日(ナゴヤドーム)

カープ先発予想 中日先発予想
10月30日 床田 ロドリゲス
10月31日 中村祐 松葉
11月1日 森下
10月30日
前回は好投するも、打線の援護がなく負け投手になってしまいました。
直近6試合2勝3敗で、3勝8敗とセリーグ最多の負け数となっていますが、数字ほどは悪い投球ではありません。
与四球をきっかけにその走者が失点につながったりしていますので、そこをしっかり修正して欲しいです。
10月31日
前回は負け投手にはなったけど安定した投球を続けている中村祐投手。
初回に失点するケースが続いていますが、2回以降の防御率が0.63と素晴らしい数字をたたき出していることが話題になりました。
まるで別人のような投球を見せてくれています。
森下投手の疲労を考えて1日ローテーションを開けるということで、ローテーションの順序が変わりました
11月1日
巨人の戸郷と新人王争いで、完全にリードしています。
今回は先発の注目点は、あと5回1/3で到達する規定投球回数をクリアするかどうか。
そして最大の注目は、二けた勝利を達成するかです。
新人王を確実にする大切なマウンドになりそうです。
鯉言

Aクラス圏内に入れるかどうかの前6連戦は、3勝3敗でした。
3位阪神、4位DeNA相手に6連勝とか5勝1敗で行ければ、一気にAクラスが見えていたはずでしたが残念でした。

それともう1つのモチベーションは5割復帰。
残り12試合で、借金10。
あと1つしか負けられなくなってきました。
2つ負けた時点で、今季5割達成の可能性は消滅します。

おすすめの記事