【2023年カープ観戦チケットの裏技】JCBカープカード会員限定先行販売
スポンサーリンク

【カープファン必携】
JCBカープカード会員の魅力

 

広島東洋カープは、2023年シーズン新井新監督を迎え、日本一を目指した戦いがまた始まります。
カープファンにとっては、一足早く2月から観戦チケットの先行販売が始まります。

2022年シーズンは、それまでのチケット争奪戦とは違って、比較的観戦チケットの入手はしやすくなりました。
ここ最近のカープの低迷とコロナ禍の中での不安要素もあったのかもしれません。

 

しかし、今年は新井新監督に対する期待感とコロナ禍での入場規制もなくなることで、昨年以上に観戦チケットが入手しづらくなることが予想されます。
また、観戦チケットの争奪戦が始まるかもしれませんね。

 

 

そんな観戦チケットの先行販売を前にして、ぜひ準備して欲しいことをご紹介します。
JCBセントラル・リーグ オフィシャルカード「JCBカープカード」をお持ちですか?
もしまだお持ちでなければ、今すぐ入会申し込みをして「JCBカープカード」を入手してください。

 

 

カープファンなら「JCBオフィシャルカード」会員になっておくといいよ

 

クレジットカードはもう何枚も持っているから不要だと思うかもしれません。
ただ、「JCBカープカード」持つのと持たないとでは大きな違いが出てくるのです。
ですから、この機会に「JCBカープカード」の入会申し込みをオススメしているのです。

 

 

老若男女問わずカープファンなら必ず持っておきたい1枚

 

 

スポンサーリンク

カープ観戦チケット確保の強い味方になる

 

2023年度セリーグ公式戦の日程はすでに発表になっています。
マツダスタジアムでのカープ主催試合の日程をすでにチェックしているファンの方も多いと思います。

 

 

カープ観戦チケット入手に困っていませんか

 

2月に入ると続々とカープファン倶楽部会員限定を皮切りに、プレイガイド(イープラス、チケットぴあ、セブンチケット、ローチケなど)の先行販売が続々と始まります。

この販売スケジュールは、なかなか正式な発表がされず、気が付いたら終わっていたという経験はありませんか?

 

 

先行販売チケット重複の経験ありませんか

 

2月に行われるプレイガイドによる先行販売ですが、この日程がかなり重なります。
抽選販売にエントリーしたものが重複当選することも多く、同じ試合のチケットが余ってしまい困った経験をしているファンも多いです。

 

 

2022年プレイガイド先行販売スケジュール
プレイガイド エントリー受付 結果発表
ローチケ
抽選受付
2/28~3/3 3/7
チケットぴあプレミアム
抽選受付
3/1~3/3 3/4
チケット一般会員
抽選受付
3/1~3/4 3/4
イープラス
先着受付
3/4~
(参考)JCBセ・リーグ枠
先着販売
3/7~

 

ローチケとチケットぴあの抽選受付の日程が重複しているため、当選するために2つのプレイガイドに重複エントリーをして、どちらも当選してしまうケースが出てきます。

特に2022年は、それまでの争奪戦とは違い、拍子抜けするようなチケット事情でしたから、重複当選して困ったようなファンのつぶやきをSNSでよく目にしました。

イープラスは先着販売ですから、その場で確保できるかどうかの結果がわかるために、チケット管理がしやすい販売となっています。
そしてこの「JCBセ・リーグ枠」の先行販売も先行販売ですから、重複する心配がありません。

 

 

チケット管理しやすい先行販売日程

 

2022年の「JCBセ・リーグ枠」の先行販売の日程は3/7~の発売開始でした。
これは先行販売の中でも最後の登場です。

毎年、この傾向は変わらずなので今回も先行販売の中で最後の登場となることが濃厚です。
昨年は3/7からの販売でしたが、例年2/28の販売が一般的でしたから、今年は特別な事情がない限り2/28の先行販売になることが予想されるのでご注意ください。

 

先行販売チケットの中でも良席

 

JCBセリーグ枠先行販売での取り扱い券種は、内野A指定席(1塁・3塁)のみです。
その座席は、かなりの良席で知られています。
そんな座席の良さもJCBセリーグ枠先行販売ならではの魅力の1つです。

JCBセリーグ枠 <マツダスタジアム>先行販売の座席
2022年JCBセリーグ枠先行販売の座席
・内野A指定席1塁側10~11列め
・内野A指定席3塁側10~11列め
マツダスタジアム内野座席表(PDF)

 

 

先行販売チケットの中でも手数料が安い

 

これまで先行販売で観戦チケットを購入された方は、おわかりだと思います。
チケット代金とは別に手数料(サービス料、システム手数料、発券手数料など)が加算されます。

例えば、昨年イープラスの先行販売で購入すると、サービス料550円、システム手数料330円、発券手数料110円の合計880円が別途かかりました。

 

その点、JCBセリーグ枠でチケットを購入した場合は、販売手数料が330円と負担を抑えられます。
そういった点でも、先行販売の中でも注目すべきメリットと言えます。

 

 

\初年度入会費実質無料キャンペーン中/

 

 

「JCBカープカード」
今 入会をオススメする理由

 


実は、この時期に「JCBカープカード」の入会申し込みをするカープファンが急増します。
なぜこの時期に、「JCBカープカード」入会に走るのか?
それには大きな理由があるのです。

 

 

「JCBセリーグ枠」先行販売

 

そんなチケット確保の苦労を軽くしてくれるのが「JCBセリーグ枠」の先行販売です。

 

 

プレイガイドほど地名度がないためチケット確保の裏技的な存在です

この「JCBセリーグ枠」の先行販売に参加する条件はただ1つ。
それが「JCBカープカード」の会員になっておくことなのです。

 


 

 

 

 

スポンサーリンク

JCBカープカード会員 入会手続き

JCBカープカード会員限定のJCBセ・リーグ枠の魅力についておさらいです。

 

【先行販売】JCBセ・リーグ枠の魅力
□JCBセ・リーグオフィシャルカード会員限定で競争率が高くない。
□JCBセ・リーグ枠のマツダスタジアム内野A指定席はかなり良席で知られています。
□JCBカード入会しても初年度は実質年会費無料。
□今入会すれば抽選で豪華球団グッズプレゼント
□マツダスタジアムの先行販売の他にも、東京ドームを除く甲子園、バンテリンドームナゴヤ、神宮、横浜スタジアムの先行販売に参加できる
JCBカープカードは、持っているのとそうでないとでは大きな差が出るカープファンにとっては大きな味方になる1枚です。

JCBカープカード会員になるべきか悩むのは無用です。
持っておくのとそうでないとでは大違いの1枚となります。

JCBセリーグ枠先行販売の日程は、例年 先行販売日は2月28日17時~ですが、昨年は3月7日17時~でした。
ただ、2023年はいつもの2月28日17時~に設定されることが予想されています。

先行販売に参加するためには、入会してカードが手元に届いていることが前提となります。
そのため、出来れば1月31日までに入会手続きを完了させておくことが望ましいです。

遅くても、2月10日あたりまでの入会手続きがリミットになりそうです。
昨年は、3月7日の発売日でしたから、2月20日までに入会された方が先行販売に参加することが出来たようです。
方が対象となりますと書かれています。

\マツダスタジアム主催試合の先行販売日に間に合わすために/

 

  JCBセントラルリーグオフィシャルカード 広島東洋カープ

JCBカープカードに入会して応援しよう
このカードに入会することで、
マツダスタジアムでのカープ主催試合の観戦チケットJCBセ・リーグ枠の先行販売に参加することが出来ます
他のプレイガイドの先行販売と比べて、購入できるチャンスがとても高いです。
この機会にぜひご入会下さい。
一般カード 年会費2,200円(税込)   ゴールドカード 年会費11,825円(税込)
今なら初年度年会費全額キャッシュバックで実質年会費無料になるキャンペーン実施中です
(2022年4月1日~2023年3月31日申し込み)

 

スポンサーリンク
おすすめの記事