【プロ野球開幕最短6月19日に向けて準備】-新規感染者数減少を追い風に-
スポンサーリンク

プロ野球開幕最短6月19日に向けて準備

いよいよプロ野球開幕の具体的な日程が見えてきました。
あくまでも事前情報ですが、明日11日の代表者会議で議論を交わしそうです。

このところの新型コロナウイルスの新規感染者数の推移を見ていても、東京都の感染者数が5日続けて40人を下回るなどして、緊急事態宣言による外出自粛の効果が出始めたのか、そういう状況が一気に追い風となって、6月19日という日程が報道されるようになりました。

6月19日。忍耐を強いられた日々の1つの出口であり、これから生まれる無数の希望の入り口になる。
3月20日の開幕が延期され、専門家も交え、球界は開幕の是非について議論を交わしてきた。
止まらぬウイルスの猛威に4月10日以降、同24日とカレンダーは無情にめくられていく。引用元 -日刊スポーツ-

ゴールデンウイーク期間中は、新規感染者数は高止まりの感はあったとはいえ、ここ数日のような減少は見られず、5月1日前後の報道では「開幕が7月にずれ込む」という見方が大勢を占めていました。

5月に入り、同月末まで緊急事態宣言は延長となった。7月まで開幕がずれ込むことも予想された
。一方で、感染状況は鈍化の傾向も見られる。全国的にも活動自粛に段階的な緩和が検討されている。
延長前の5月6日までの同宣言発令中は、全体練習も控えた。
だが緩和の流れに加え、各自治体の理解も進み、複数の球団が今月中旬の全体練習再開を視野に入れている。引用元 -日刊スポーツ-

それがここ数日、全国の新規感染者数が100名を切り始めて、やっと開幕の先が見えたと感じた時の報道でした。
スポーツ界が沈みきってしまったこの数カ月。
やっと希望の光が見え始めました。

スポンサーリンク

台湾・韓国に続く日本プロ野球だけど

その希望の光、まだまだ予断は許さない状況です。
あくまでもここ数日の新規感染者数が顕著に減少したからこその最短6月19日。

今も緊急事態宣言が続いていますが、ゴールデンウイークが終了して、さらにここ数日の新規感染者数の減少を見て、どことなくほっとした感が出てくると怖いです。

3月に苦い経験をしています。
2月下旬に自粛要請がかかり、2週間経過してさらに自粛継続したとはいえ、3月あの連休の気のゆるみでここまで厳しい状態が続く原因になりました。

だからこそ、5月20日前後の新規感染者数がどうなるかが心配です。
ここで今以上の減少を見ることになれば、もう待ったなしのGOサインがかかるものと期待しています。

同宣言が解除となれば、6月初旬の練習試合も可能となり、約1カ月の準備期間というロードマップで、待望の「6月19日の開幕」が見えてくる。
11日にはJリーグとの対策連絡会議、臨時12球団代表者会議が予定され、開幕日を煮詰めていく。-日刊スポーツ-

世界で一番早く開幕した台湾プロ野球、そして数日前には1000名の観客試合も実施。
韓国プロ野球もスタートして、それに遅れながらもやっと開幕が見えて来た日本のプロ野球。

当然、無観客試合のスタートとなります。
台湾や韓国と同じように、厳しい感染防止に対する取り組みをしての開幕になります。

それでも期待したいこと。
最短6月19日に開幕出来たとして、それまでの1カ月以上の期間が、今以上に状況がよくなっていないか?
1日1日まだ見えないけど、収束には向かっているはずです。

ワクチンや治療薬に関しても、3月頃からは考えられないくらいに前進しています。
6月にはどこかでワクチンの臨床実験開始とか、治療薬のいいニュースが伝えられているかもしれません。
今は、それに期待したいですね。

スポンサーリンク

いつもの風景が戻る日はいつ?

まずは無観客試合とはいえ、プロ野球開幕を迎えることがスタートライン。
そして、球場で観客が歓声を上げる光景がいつ戻るのか?

ここまでの状況を見る限り、今季はもう満員の球場の姿は見られないのかもしれません。
でも、考えてみてください。
一時は、もう今季プロ野球の試合は全て中止になるかもしれないとささやかれたこともあります。

そんな時期が3月4月にあったのに、5月には正式決定ではないとはいえ、開幕の準備が語られるようになりました。
6月には開幕を迎えることが出来て、7月には制限付きとはいえ観客試合が実施されて、そして8月にはいつもの光景が戻るそんな期待をしていいのではないかと思っています。

何が収束させるかもしれません。
夏の気温・湿度の高さ・そして強い紫外線
この3つがコロナを収束させてくれるかもしれません。

あのSARSは、5月に感染ピークアウトして6月に一気に終息したという事例もあります。
コロナはSARSとは比較にならないくらいの感染規模ですが、刻々と変わる情勢を祈る気持ちで見ています。

一日も早いコロナの終息と、いつもの生活が戻るように!
そしていつもの球場の姿が見られることを祈っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事