【レディースカープ2022】当選するための5つのコツ-当選者がやっていること-
スポンサーリンク

レディースカープ2022 

このブログでは、毎年レディースカープに関する記事を書いています。
今回は、2022年度レディースカープ当選に近づくためのヒントをご紹介しています。
これから入会応募される方の参考になればと思います。

 

この記事を書いている人
□6年連続レディースカープ当選を続けているカープ女子がやっていることを書いています

今年もカープの各ファンクラブの募集が始まりました。
2022年度のカープファン倶楽部をはじめ、ジュニア、レディース、シニア会員の抽選受付が始まっています。

特に、「カープ女子」という言葉が流行した頃からレディースカープの会員になるのは高い競争率となっています。
そんなレディースカープに、我が家のカープ女子は、運よく6年連続して会員になれています。
強運と言えばそれまでですが、私たちが応募の際に気を付けていることをまとめてみました。

そこには、もしかしたら当選するためのヒントが隠れているかもしれません。
ご参考にしてください。

 

レディースカープ入会の難易度

カープ人気を支えてくれているカープ女子が、ファンクラブの中で一番入会したいと思っているのが、「カープファン倶楽部」ではなく「レディースカープ」だと思います。

レディースカープの募集定員は、このところ毎年5000名です。

毎年11月に行われる入会応募期間にエントリーして、入会できるかは抽選で決定します。
応募数が毎年5000名を超えるため、運のいいファンの方にしか入会出来ないのが実情です。

一度、4年ほど前に、レディースカープの入会希望の応募数の情報が流れたことがあります。
その時は、5,000名の定員に対して、およそ25,000名の応募があり、実に約5倍の競争率でした。

それ以外の応募数は、情報収集できていなくて不明ですが、今もなお高い競争率であるのは間違いないようです。
抽選結果発表日のSNSでは「当選した」「落選した」の悲喜こもごもの報告が確認できます。
落選した方のつぶやきからは、「一度も当選できない」という内容も少なくありません。

そのような状況の中で、我が家のカープ女子は6年連続当選を果たしています。

スポンサーリンク

レディースカープ当選のために

レディースカープの会員になるためには、高い競争率の抽選に当選しないといけません。
運がいいか悪いかだけと言えばそれまでですが、当選するために絶対にやって欲しいこと、やってはいけないことがあります。
これから説明することは、6年連続当選を果たしている我が家のカープ女子が、応募に際してやっていることです。

ぜひ参考にしていただいて、レディースカープ入会できることを切に祈っています。

(注)下記の5つのを実践することで、当選を保証するものではありませんのでご了承お願いします

1応募は1回のみ

当選確率を上げるために、何度も応募するのは絶対にNGです。
カープ公式サイトでも、重複応募についての注意書きはされています。
もしすでにやった人がいたら、その時点でアウトです。

 

2応募登録のメールアドレスに要注意

これも、カープ公式サイトで注意書きがあります。
「.」が連続している、「@」の前が「.」で終わる、「-」や「_ 」から始まるメールアドレスなど、セキュリティー高めるために設定したメールアドレスは登録できないものがあるので、応募自体受付してくれていない恐れもあります。

もう1つ、私たちが気を付けていることは、キャリアメールは使いません。
ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアメールは避けています。

理由は、たとえ当選したとしても、当選通知が何らかの原因で受信しないことがあるからです。
例えば、これまで何かの登録をしている時に、登録メールアドレスをキャリアメールにして確認メールが届かないことが何度かありました。
レディースカープの当選通知がそんな形で受信できなかった場合は、本人もわからないまま権利を逃すことも予想されます。

出来るだけ、それ以外のメールアドレスを使用するようにしましょう。
gmail、Yahooなどのフリーメールも私たちは使用していません。

 

3家族で応募する場合同一メールアドレスは使用しない

ご家族でレディースカープ入会を希望される方もいるかもしれません。

お母さんと娘さん、または姉妹で一家で複数の応募をすることです。
これは、前述の重複応募には当たりませんが、注意が必要です。

この場合、同一のメールアドレスで応募は避けるようにしましょう。
同じメールアドレスを使用すると、たとえ違う名前であっても重複応募としてはじかれているかもしれません。

今は毎年当選していますが、落選していた時にやっていたのが同一メールアドレスで家族2人の応募でした。

4応募のタイミング

連続当選が始まった応募のタイミングは、受付期間終了間際でした。
落選が続いていた時で、どうせまた落選だろうと応募するのが面倒になっていた時です。

それでも応募だけと思い、行動したのが受付終了間際にやって当選したので、それ以来実践しています。

これについては、たまたまだと思っていますが、信じる者こそ救われるです。
ちなみに、落選続きだった時に応募していたのは、受付開始してまもなくのタイミングでした。

 

5当選しやすい年齢はある

公式サイトでは、入会資格は2022年度高校生以上の女性とあります。
具体的には、2007年4月1日以前に生まれた方が対象となります。

抽選はあくまでも公正にランダムな抽選だとは思いますが、幅広い年齢層の入会を調整していると思っています。
現地観戦に行けば、レディースカープの特典バックを見かけると思いますが、幅広い年齢層のカープ女子が持ち歩いているのを見ています。

いくら高校生以上の女性とはいえ、65歳以上は、シニアカープの入会資格となるため振り分けられている可能性は大きいです。
ということで、15~64歳の女性に絞られます。

ランダム抽選とは思いつつ、もしそれが20代ばかり5000名当選したらどうでしょう。
カープグッズなどを購入してくれる年齢層、また30~40代なら家族を連れての観戦につながると考えませんか?

そうした思惑で、もしかしたら幅広い年齢層に当選が振り分けられているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

レディースカープ会員の魅力

毎年、レディースカープの特典バッグは、クオリティが高いことで知られています。
これは2021年レディースカープの特典バックです。
デザインといいカラーといい、とてもおしゃれなもので、さすがのクオリティーです。

もう1つ、レディースカープ最大の特典は、内野自由席での観戦が出来るということ。
入場人数制限とシーズンの試合数の制限はあるものの、これは大きな魅力です。
ウエスタンリーグのマツダスタジアムでの試合も会員証提示で観戦出来ます。

入場の特典が大きな魅力のですが、その特典を受けるためには、会員証の提示が求められます。
会員証には顔写真を張らないといけないものですから、ルールにのっとった応募が必要になります。

*2020~21年は、コロナ禍でこの特典の案内はありませんでした。
2020年会員募集についても、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための入場制限等により、観戦特典をご案内できない場合や、抽選受付とさせていただく場合がございます」の注意書きがあります

2022年度レディースカープ当選へ

6年連続レディースカープに入会出来ている我が家のカープ女子がやっていることをまとめてみました。
これをすべて実践したら、当選するという保証はありませんが、もし今まで落選続きだったファンの方にヒントになればと思っています。

数年前の情報では、競争率は5倍です。
今回は、それほどの競争率ではないと予想していますが、それでも抽選になるのは必至です。
あとは運次第ですが、きちんとエントリーしたはずがその時点ではじかれてしまうといけません。
限りなくグレーな応募は回避して、2022年レディースカープの当選を果たしてください。

今回、我が家も抽選に応募します。
結果については、またこのブログで紹介しますね。
どうかこの記事を読んだ皆さんが、当選しますように!!

レディースカープ2022 抽選報告
無事にレディースカープ2022に当選しました
これで7年連続です。
今年のツイッターを見ていると、当選報告をしているファンの方が多かったようです。
またグッズが届いたら報告します。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事