【10/4対ヤクルト戦】今日のヒーロー「會澤さんのリードを信じて腕を振った」中村祐太投手のインタビュー全文
スポンサーリンク

10/4 対ヤクルト戦 中村祐太投手のヒーローインタビュー全内容

ヒーローインタビュー内容

放送席、そして神宮球場にお集まりのカープファンの皆様お待たせいたしました。

本日のヒーロー、見事2年ぶりの白星をあげました中村祐太投手です。

2018年5月1日巨人戦以来の白星ということになりました。
今のお気持ちいかがですか。

すごく嬉しいです。


今シーズン、3試合目の登板ということになりました。

緩急自在という形の立ち上がりに見えたんですけれども、今日はどういったところにポイントをあげてマウンドに上がりましたか。

正直あまり調子良くなかったので、もう會澤さんのリードを信じてミットめがけて、一生懸命腕を振ってました。

味方が先制してくれた後のピッチングなんですけれども、まずは4回裏に2対1という場面でノーアウト1塁2塁のピンチが訪れました。

そのときはどんな気持ちで腕を振ったんでしょうか。

なんとか、まあ1点取られても同点っていうくらいの気持ちで、しっかりミットめがけて腕振った結果が、あの結果になったのかなと思います。
結果3者連続の三振ということになりました。
あの回を投げ終えたときの気持ち教えていただけますか。

でもまだ序盤だったので、気を引き締め直して、次のイニングっていうふうに切り替えました。


そして5回表に味方の打線に火がついてリードが大きくなったところで、勝利投手の権利がかかる5回裏のピッチングは3者凡退でしたね、振り返っていかがですか。

あそこは何とか3人で、意識して抑えにいきました。


打線の話で言いますと、この3日間でカープ41安打と、ものすごい爆発力だと思うんですけれども、そのあたりいかがでしょうか。

すごい頼もしいですし、序盤に点を取ってくれたので、気持ちよく投げることができました。


さあ、このペナントレースも残り30試合ということになりました。
中村投手のご自身の、次回の登板に向けての気持ちも含めて、それではファンの皆様に力強い一言お願いいたします。

この状況の中でも、応援してくれるファンの皆さんの期待に応えられるように、1試合1試合必死に頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。


2年5ヶ月ぶりの白星をあげました。中村祐太投手でした。

おめでとうございます。

-フジテレビONE プロ野球中継-

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事