巨人に断りを入れたFA美馬選手ごめんなさい
スポンサーリンク

FA美馬投手 巨人に断りを入れる

楽天からFA権行使した美馬投手が巨人にお断りをいれたそうです。
FA権行使した選手が、巨人から獲得の意思を伝えられて交渉に入ると、高い確率で巨人入団が決まるというイメージが強かった私には、とても新鮮に感じたニュースでした。

美馬投手がFA権行使した後、獲得の意思を示して交渉したのは巨人、ヤクルト、ロッテの3球団。
細かな条件は、「どうせ巨人に決めるんだろう」と思っていたので、追っかけていませんでした。

原監督が電撃直接交渉を行ったとか、熱い思いをぶつけたとか、美馬の質問などに丁寧に答えていったとか聞くと、ほぼ決定だろうと勝手に思っていました。
「ジャイアンツで一緒にやろう』と思いを託された美馬投手が『オーラを感じました』と言っていたと聞いて、それこそヤクルトとかロッテとかは考えられなかったんです。

 そこまで勝手に思い込んでいたからこそ、「美馬投手が巨人に断りを入れた」というニュースにびっくりでした。私だけでなく、他にも比較的多い気持ちだったと思います。

今となっては、巨人に断りを入れた美馬投手にごめんなさいと言いたいです。

美馬投手ロッテ入り確実

巨人に断りを入れた美馬投手。
ヤクルトと、宣言残留を認めていた楽天にも断りを入れたということで、ロッテ入りが濃厚になった模様です。
ロッテも、美馬投手獲得に向けて3年総額5億円程度の条件を提示して、ようやく射止めたとのこと。

ロッテは、昨年カープからFA権行使した丸選手の時も、獲得に動きましたが、その時は巨人入りされて、獲得合戦に敗れましたが、今季は、逆に美馬の獲得に成功した形になりました。

スポンサーリンク

ファンの反応もさまざま

今回、巨人ファンの反応も、美馬投手を獲得できなかった驚きよりも、それで良しと結果を受け入れる意見が多く書き込まれているのを見ました。
人的補償選手を出さなくてよくなったと安堵感をつぶやいているファンもいました。
ただ、これについては今後ロッテからFA権行使をした鈴木大地選手のFA移籍があれば、FAのランクBということで、人的補償選手を出さないといけなくなることもあるかもしれませんが、まずは1名は出さなくて済んだということです。

巨人以外のファンは、賢明な判断だと感じているファンが多かったです。
野上投手や森福投手などを見て来たら、巨人移籍した後、不遇の生活を送っていく選手を多く見てきているファンにとっては、美馬投手の判断を支持しているようです。
もちろん、巨人のことをあまり好きではない気持ちが大きく左右しているのも含んでの話ですが。

ロッテにとっては欲しかった先発を獲得できたことで喜ばしいことですが、そうも言えない事情もあります。
まずは、人的補償選手を要求された場合に、プロテクト選手の選定を進めないといけないということ。
あと、鈴木大地選手のFA移籍も濃厚ですから、この時に人的補償選手を逆にカバーは出来るのですが、頭を悩ませる日々がやってきそうです。

スポンサーリンク
おすすめの記事