ドラ2の宇草も即戦力の期待-驚異の俊足だけどイップスが心配-
スポンサーリンク

ドラ2の宇草選手に即戦力の期待

今日、佐々岡監督が大野練習場で行われている新人合同自主トレを視察したようです。
ドラ1森下投手を絶賛しているニュースが並んでいて、ますます期待が高まります。

どうしても森下投手の情報が多いのはわかりますが、今日はドラ2の宇草外野手について触れてみます。
やっぱり、ドラフト2位に指名しただけあって、即戦力の期待が大きいんです。

宇草外野手の実績

宇草外野手 185cm 83kg 右投左打
リーグ戦通算成績
47試合45安打7本塁打21打点11盗塁 打率.250
走塁タイム
一塁到達:3.82秒 三塁到達:11.64秒

大学4年春のリーグ戦 13試合で6盗塁
高校3年春の甲子園大会初戦・米子北戦では、大会タイ記録となる1試合5盗塁をマーク

自主トレでの30メートル走では、唯一の3秒台となる3秒98をマーク。
30メートル走のタイムを聞いてもピンときませんが、3秒台が俊足の目安とされているそうです。
2位は森下投手で4秒12。

スポンサーリンク

俊足1軍枠争い激化

カープの機動力野球にまた凄い戦力となりそうです。
俊足といえば、野間、曽根、上本選手などがあげられますが、宇草選手が割って入りそうな感じです。
秋季キャンプから野間選手の評価が上々のようだけど、昨年のような打撃不振になれば、同じ外野手として宇草選手の抜てきの可能性もあります。

また、俊足ということで、昨季序盤、1軍には上本、曽根の2選手が1軍にいましたが、守備要員と走塁要員だけで、打撃には貢献できていませんでした。
宇草選手にとっては、ここが1つのチャンス。
曽根、上本選手に比べれば、パワーのある打撃が期待できそうなので、たとえ外野のポジションを脅かせなくても、俊足枠で1軍昇格の期待も膨らみます。

体力測定では、指示に応じてジャンプする反応時間は、野手トップの韮沢(花咲徳栄)に次ぐ野手2位。
腕の筋力測定でも高数値を記録して、体のポテンシャルはとても高いです。
目標も高く、「柳田選手とか鈴木誠也選手のような、大きくてスピードもあるプレーヤーになりたい」と語っています。

スポンサーリンク

心配はイップス

本人も認めているように、送球イップスだそうです。
これで、他球団の評価も下げていたようですが、カープは克服できると踏んでの上位指名だったようです。

大学では外野を守っていましたが、それまではセカンド。
菊池涼介選手の穴をカバーするための指名であったかもしれません。
そして、将来的には鈴木誠也選手みたいになって欲しいと期待しての指名だったかもしれません。

送球イップスが本当なら、ちょっと守備力は期待できないのかな?
場合によっては、1塁にコンバートされていくのかもしれませんね。

今のところ、森下投手ばかりに注目が集まっていますが、春季キャンプが始まると、宇草選手にも注目が集まるものと予想します。
俊足部門だけであれば、今でも十分1軍で通用するようですから、あとはバッティング。
体格からして、パワーは十分にありそうですから期待しましょう。。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事