【10/31中日戦ヒーロー】2年目61戦目でのプロ初勝利の島内投手のインタビュー全文
スポンサーリンク

10/31中日戦 島内投手のヒーローインタビュー全内容

ヒーローインタビュー内容

放送席、放送席、そしてナゴヤドームにお集まりのカープファンの皆さん、ヒーローインタビューです。
好リリーフでプロ初勝利をあげました島内颯太郎投手です。
初勝利おめでとうございます。

ありがとうございます。

 

手にしたウイニングボール、どんな思いで受け取ったんでしょうか。
去年はなかなか勝つことができなかったので、やっと勝つことができてうれしいです。


今、佐々岡監督と一緒に写真に収まりました。
何か声をかけられましたか。

いやもう、おめでとうということで、すごく嬉しかったです。

 

あの出番の場面を振り返りたいんですけれども、7回1アウト2塁3塁、1点リードされた中で、次の1点ってのはすごい意味があったと思いますが、どんな思いでマウンドに向かったんでしょう。
自分の中でも、次の1点っていうのはとられてはいけない点だと思ってたので、何とかゼロで帰ろうという気持ちでマウンドに上がりました。


しかも、ドラゴンズのクリーンアップでした。

マルティネス選手の打球は、ライトの鈴木誠也選手のファインプレーもあって、あとはどんな思いだったんですか。
打球を見た瞬間は、落ちると思ったので、本当に誠也さんに、後で感謝をしたいと思います。


ただ、あそこで島内さんが作った流れで、あの8回の昨日に続く逆転劇、特に
キャッチャー、受けてくれた會澤選手の逆転タイムリーツーベースでした。

あの瞬間っていうのは、どういう思いだったんでしょうか。
普段から、アツさんは若いピッチャーのことを気にかけてくださっているので、本当にアツさんが打ってくれたっていうのは自分の中でも嬉しかったです。


さあ、これでチームは引き分けを挟んで4連勝、ここに来てぐっと乗ってきました。
残りの試合、島内さんはどんな働きをしたいと考えてるでしょう。

どんな場面で投げるかわかりませんが、任されたところをしっかり投げたいと思っています。


そして、ツキ並みな質問ですが、ウイニングボールはどうされますか。

両親にあげたいと思います。

 

今日はこのナゴヤドームもブルーに染まってましたが、かなり多くの赤いユニフォームを着たカープファンの皆さんも声援を送ってくれて、拍手を送ってくれて、そしてあの瞬間も、今も大きな拍手が起こってます。
カープファンの皆さんに一言お願いします。
今年もシーズン残りわずかですが、
選手は頑張って残りの試合を戦いたいと思っていますので、残りも応援よろしくお願いします。
プロ2年目初勝利、島内颯太郎投手でした。
おめでとうございました。

-J-SPORTS2 プロ野球中継-

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事