カープ森下プロ初勝利飾る [ヒーローインタビュー全文] -今季12球団初の完封はならず-
スポンサーリンク

カープ森下プロ初勝利おめでとうございます

森下投手、プロ初勝利おめでとうございます。
プロ初完投初完封初勝利と3つ並ぶ寸前だったけど、粘り強い中日打線に阻まれました。
あそこまで来たら絶対に完封してほしかったけど、近い将来いずれ記録してくれるでしょう。

もし完封していたら、12球団完封一番乗りだったようで、それを聞くとちょっと残念でした。
プロ初登板の投球内容(7回4安打無失点)も素晴らしかったけど、今日も素晴らしかったです。

today 球数 被安打 被HR 与四死 奪三振 失点
8回2/3 136 9 0 2 7 3

 

ストレートは最速153キロ、カーブ、カットボール、チェンジアップの変化球もさえわたり、3回のピンチ以外は安心して見れた試合でした。

打線も10点援護して、森下投手も大胆に投球出来ました。
思い返せば、こんな素晴らしい投手をドラフトで1本釣りしたカープの戦略もすごかった。

カープ先発ローテーションの中で、すでに大瀬良と並ぶほどの安定感を見せており、今季ますます楽しみになりました。
気が早いかもしれないけど、新人王当確ランプがすでに灯った感さえします。
それくらい素晴らしい投手が出てきました。

選手クローズアップ

不振のメヒアが外れたら打線がつながった

ついに佐々岡監督が動きました。
5番を務めながら得点圏打率.000だったメヒア。
昨日は、松山の復帰で打順を下げて気分転換を図ったものの、4タコで結果を出せず、

そんなメヒアをスタメンから外したら、今日は打線がつながりました。

絶好調の堂林

今日も猛打賞を記録してついに打率は.414
今日のホームラン詰まったように見えたけど、バックスクリーン右側に持っていったバッティングが素晴らしすぎました。

カープ下位打線の中でも、脅威の7番打者となっています。

脅威の核弾頭ピレラ

3塁守備がとても不安なピレラだけど、バッティングに関しては申し分なし。
今日は猛打賞を記録して、打率.333は十分に切り込み隊長の役割を果たしてくれています。

どうしてもメヒアと比べてしまいますが、いい助っ人が入ってくれました。
これからは他球団のマークもきつくなり、インコースを攻めてこられそうですが、オープン戦の時のような死球でのアクシデントが心配です。

今日の猛打賞

打線が今日は爆発して、猛打賞を記録したのは4選手。

ピレラ 5打数3安打
西川 4打数3安打
堂林 4打数3安打
田中広 4打数3安打

その裏で、4番鈴木が5打数ノーヒットでした。

スポンサーリンク

今日のヒーロー森下暢仁投手 インタビュー全内容 

-ヒーローインタビュー内容-

今日のヒーローは見事プロ初勝利を手にしました森下暢仁投手です。
おめでとうございます。

ありがとうございます

 

プロ初勝利、率直に今、お気持ちいかがですか?

終わり方は悪いんですが、勝ててほっとしています。

このプロ初勝利もいろいろな方が待たれていたかと思いますけれど、まず誰に報告したいでしょう?

そうですね。
しっかりここまで野球ができたのは親のおかげだと思っているので、親に伝えたいなと思っています。

 

今、右手に持っているそのウイニングボール。
それは、この後どうしますか?

(一瞬間が開いて)
自分が保管します。

 

今日のゲーム、振り返っていきますけども、本当に素晴らしい立ち上がりだったと思います。
どんな気持ちでマウンドに上がったんでしょうか?

もう何が何でも勝ちたいという思いで、マウンドに上がりました。

 

そんな中で、味方もたくさんの援護点をとってくれました。
これをどのようにご覧になっていましたか?

いやもう先制してもらって、自分のピッチングをしようと思い、自分のピッチングをしました。

 

その援護点の中に、自分の送りバントなどもありました。
野手顔負けのバントだったと思いますけども、あれもいい流れを作りましたね。

バントはしっとかりしないといけないと思っているので、これからもバントを決めていきたいなと思います。

 

ストレートも走っていましたし、威力がありました。
今日のご自身のボール、どのように振り返りますか?

前回勝ちたいと思って上がったんですけど、それよりも今日絶対に勝つという思いで上がったので、真剣腕を振りました。

 

何度もゲームの中でピンチがありましたけれど、3回の初めてのピンチ1アウト満塁。
ゲームの流れ、1つ変わったところだと思います。
あの時、バッターにはどういう気持ちで向かっていったんでしょうか?

いやもう1回タイムをとって、バックが守っているという話をしてもらったので、本当に守ってもらってうれしいです。

そして我々は、森下投手のプロ初勝利が初完封になるのかというふうにも思ってました。
ご自身でどんな気持ちで9回のマウンドに上がったんでしょうか?

したいと思ったんですけど・・・・はい。
このような結果です。
次はやりたいと思います。

 

やはり、今日は初勝利の喜びとともに最後のアウトの3つの難しさ、そのあたりも感じましたか?

そうですね。
ほんと、1つ1つアウトを取るっていうのは難しいと思うので、これからもバッターに挑んでいきたいなと思います。

 

ただ兎にも角にもプロ初勝利、そしてぜひ初完投初完封は次の登板になるマツダスタジアムで飾って欲しいとみなさんファンの方思っていると思います。
ファンの方に向けて、最後メッセージをお願いいたします。

このような状況ですが、しっかりとホームで勝てるように、また一生懸命やるので応援よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。
見事プロ初勝利、森下暢仁投手のヒーローインタビューでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事