カープ先発投手予想 ‐2020年6月30日~7月5日-
スポンサーリンク

カープ先発投手予想-2020年6月30日~7月5日-

今年も先発予想していきますね。
テレビやスポーツ紙などの報道と、直近の先発ローテーションと投球内容を基に、予想しています。

対戦相手チームの先発予想も予想していますが、かなりあいまいですので、お許しください。

 

対ヤクルト戦 6月30日~7月2日(神宮)

カープ先発予想 ヤクルト先発予想
6月30日 K.ジョンソン イノーア
7月1日 九里 スアレス
7月2日 遠藤 高梨
第1戦(6月30日)
初戦のK.ジョンソンは5回3失点。
決して悪くなかったけど、5回に2失点したときは冷静さを欠いてイライラしていたように見えました。
ジョンソンらしい一面といえばそれまでですが、主審のジャッジ、味方のまずいプレーなどでよく感情を露わにするのを見ます。
明日の敵は、相手の先発投手よりも、天気ですね。
降水確率が少し高いので、集中力を欠かないようなピッチングをして欲しいです。
第2戦(7月1日)
九里は練習試合からナイスピッチングが続いています。
前回は7回1失点。
ただ相手スアレスも前回登板で好投しチームを勝利に導いています。
調子のいい投手同士の投げ合いが予想されますが、負けが先行しているとはいえヤクルト打線も好調です。
九里の立ち上がりに注目です。
第3戦(7月2日)
カープの6番手の先発遠藤。
この遠藤あたりで勝っていかないとセリーグの覇権奪回から遠ざかってしまいます。
前回は5回3失点で。序盤2点のリードをもらったにもかかわらず守れませんでした。
一方の高梨は、7回無失点の好投。
先発比較だけならヤクルトに分がありそうだけど、なんのなんの、そこは野球の難しさです。
遠藤にとっては、ここで結果を出せななければ、次の先発ローテから外されるかもしれない重要な一戦となります。

対阪神戦 7月3日~5日(マツダスタジアム)

カープ先発予想 阪神先発予想
7月3日 大瀬良 西勇輝
7月4日 床田 岩貞
7月5日 森下 中田

第1戦(7月3日)
いよいよ地元マツダスタジアムに帰ってきての初戦。
ここまで2試合連続完投勝利の大瀬良先発。
相手もエース西勇輝。ここまで西勇輝が登板した試合は2試合とも阪神は負けていますが、彼の投球内容だけを見ればエースとしての見事な投球をしています。

-西勇輝の投球内容-
6月19日 対巨人戦  6回1失点
6月26日 対DeNA戦 7回1失点

エース同士の投げ合いに注目です。

 

第2戦(7月4日)
前回登板で2回で降板した床田投手。
キャンプから見ていると佐々岡監督は床田に対してとても厳しいです。
それは裏を返せば、期待の表れです。
床田が故障から復活して1軍に這い上がるまで、2軍のコーチとして見続けてきた佐々岡監督ならではの対応だと思います。
きっと床田投手も、この試合では奮起してくれるはずです。
とにかく立ち上がりだけを気を付けて欲しいです。

 

第3戦(7月5日)
森下投手は、前の試合でプロ初勝利をあげて波に乗っています。
2試合登板してもいずれも好投。
唯一心配は、前回の投球数が136球だったこと。
プロ1年目で疲れはすでに出てきているはずですから、そこだけが気がかりです。
相手先発は、外国人投手の誤算で苦しいやりくりになっている試合です。
きっちりこういう試合は勝ちたいですね。

鯉言

9試合終了して、5勝3敗1分け。
DeNA戦 2勝1敗
巨人戦  1勝1敗1分け
中日戦  2勝1敗

派手な連勝はないけど、3連戦をきっちり勝ち越していけば大丈夫です。

毎年よく言われることですが、ひとまず2クール終了する30試合消化時点で、5割以上をキープすることが今季を占う意味で重要な目安となります。

スポンサーリンク
おすすめの記事