【カープ】石原慶幸選手引退のあいさつ全文「カープファンは日本一のファンだと思います」
スポンサーリンク

【カープ】石原慶幸選手引退のあいさつ全文

今シーズンで19年間の現役生活を終えた石原慶幸捕手が、
今日マツダスタジアムで引退試合に臨み、試合後に引退のあいさつを行いました。
そんな石原慶幸捕手のあいさつを全文ご紹介します。
そのあいさつは、自身を支えてくれた各方面に向けた感謝の言葉で終始しました。
本当に、19年間お疲れさまでした。
そして感動をもらい、ありがとうございました。

石原慶幸捕手引退のあいさつ
2020年11月7日(マツダスタジアム)

球団、医療従事者への感謝

まず初めに、今日このような場を用意してくださった松田オーナーをはじめ、球団スタッフの皆さん、
本当にありがとうございます。

今年は新型コロナの影響もあり、日本中世界中が大変な中、プロ野球界も無事開幕出来るかどうか心配されましたが、最前線で戦ってくださった医療従事者の方々のおかげで、無事に開幕に開幕することができました。
医療従事者の方には本当に感謝しかありません。
ありがとうございます。

チームへの感謝

私は、今日引退をします。

まさか自分がカープのユニホームを着て、19年間もの間、プロ野球生活を送れるとは思ってもいませんでした。
それも指導してくださった監督コーチ
いつも話をしてくれプレーと背中で引っ張ってくれた先輩方
本当に本当にかわいくて頼りになる後輩たち、一緒に戦った仲間たち

いつもチームを裏で支えてくれてる裏方スタッフの皆さん

家族への感謝

僕を産んでくれ丈夫に育ててくれた両親
いつも一番近くで応援してくれ一番の理解者であった妻と子供たち、
皆さんの支えがあり、ここまでやってくることができました。

本当にありがとうございます。

 

カープファンへの感謝

そして、何といってもいい時も悪い時も応援してくれたファンの皆さん、
どの球場に行ってもレフトスタンドを真っ赤に染めてくれたファンの皆さん、
いつもマツダスタジアムを真っ赤に染めてくれたファンの皆さん、
ファンの皆さんの声援は、いつも勇気と力を与えてくれました。
そんなカープファンは、僕は日本一のファンだと思います。
そして、今日こんなファンの皆さんの前で引退できることを本当に嬉しく思っています。

本当にありがとうございます。

 

19年間のプロ野球人生を過ごせた感謝

最後になりますが、野球人生、苦しかったことの方が多かったですが、先輩後輩、ファンの皆さんの力によって、優勝も経験させてもらいました。
小さい頃から大好きな野球を続けてきて、本当に良かったと思います。
19年間、皆さんの支えがあり、幸せな時間を過ごすことができました。

19年間、本当に本当にありがとうございました。

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

 

おすすめの記事