カープの弱点を露呈で早々の守護神交代も -森下投手に勝たせてあげたかった-
スポンサーリンク

森下投手プロ初先発で快投

森下投手がプロ先発ナイスピッチング

森下投手がプロ先発でナイスピッチング
直前の練習試合2試合続けて大きく失点していたので、心配していたファンも多かったと思うけど、とにかく文句なしのナイスピッチング。

心配の原因となっていた練習試合最後の登板は、不運な打球やプレーがあったから、そんなに悪い訳ではなかったけど、この1週間でしっかり修正してきたピッチングに拍手です。

一発が怖い強力DeNA打線に対して真っ向勝負でねじ伏せた森下投手。
154キロのストレートと制球のいい変化球のコンビネーションは新人らしからぬ投球でした。

7回4安打無失点でマウンド降りたけど、最後まで行くんじゃないかと思うくらい良かった。
いかんせん投球数が100球超えてしまい、継投へ。
たった1点のリードだったので、継投に一抹の不安を感じたファンも多かったはずです。

カープの中継ぎ以降の弱点露呈

8回はフランスアではなく、菊池保へ。
ツイッターでも継投は「誰?」ってざわついたけど、ここはファンのみんなも納得の菊池保への継投。
フランスアに対する信頼感がまだなくて、どうしても菊池保の安定感に期待しました。

そんな菊池保は、森下のプロ初先発初勝利を壊しちゃいけないと、かなりのプレッシャー感じていたと思います。先頭に対して、そんな感じに見えました。

なんとか無失点に抑えて、最終回はカープの新守護神スコットへ継投。
勝利の方程式発動で、その交代は全く間違いなかった・・・・はずでした。

新守護神スコット失敗

スコットも森下のプロ初先発初勝利にかなりのプレッシャーになったのだと思います。
いや、そう思いたいです。

スコットも感じた?森下のプロ初先発初勝利へのプレッシャー

先頭打者ソトを2球で追い込んだ時には、勝利を信じたのですが・・・。
そこから悪夢の4連打。
相当のプレッシャーだったのかな?

1つだけ。新守護神スコットに対しての不安を書いておきます。
制球力は悪くないし、四球で乱れるタイプではないと思うのですが、それだけに相手打者が狙い球を絞ってきているように思います。

だから、今日見ていても佐野とロペスに初球狙われていました。
ボール先行にならない投球は見ていても四球を与える心配が少なくなるからいいのだけど、練習試合の時と公式戦でのバッターは違います

先日の試合でも2安打されて失点しています。
これで2試合登板 投球回2で失点3のスコット。
もしかしたら、早々に勝利の方程式が組みなおされるかもしれません。

守護神交代へ判断は早くなるかも

佐々岡監督の采配は、ピレラを1番に置くなどかなり柔軟な采配をしています。
ここまで、守備固めに三好を入れたり勝つための采配はきちんとしてきます。
スコットが数試合ぱっとしない投球が続くようだと、早々の守護神交代あります。

なぜなら、今季はCS中止で、日本一になるためには優勝を飾るしかないわけですから。

スポンサーリンク
おすすめの記事