【10/30中日戦】「絶対打つぞって気持ちで打席に入った」決勝打の大盛選手のインタビュー全文
スポンサーリンク

10/30中日戦 大盛選手のヒーローインタビュー全内容

ヒーローインタビュー内容

放送席、放送席、そしてカープファンの皆さん、ヒーローインタビューです。
今日は17対3、大勝となりました。
野手代表しまして大盛選手にお越しいただきました。

まずは7回見事な決勝打でした。
あの感触を教えてもらえますか。

本当に打てて良かったです。

 

先輩たちがつないでくれたチャンスでしたが、どんな思いでバッターボックスに向かったんでしょう。

本当に先輩方が繋いでくださったので、僕は絶対打つぞって気持ちで打席に入りました。


あの一打で頑張っていました先発の床田投手にも白星を付けることできましたよね。

床田さんがいいピッチングしてたので、何とかできて良かったです。


さあそして、チームは終盤の3イニングだけで15得点というその流れの中で9回にも2点タイムリーがありました。

自己最多1試合4打点になりましたね。いかがですか。
そうですね。
チャンスで回してくださったので、その流れで打つことができました。


このところ、ベンチスタートも少し増えた中で、2試合連続のスタメン、いろいろ期するものも、今日のゲームもあったかと思いますがどうでしょう。

ベンチにいても、スタメンで出ても、気持ちを変えずにしっかりと試合に入るのはしてます。


さあ残り試合も少なくなってきましたが、大盛選手、その残り少ない中で何かこれを達成したい、そんなものはありますか。

残り少ない試合ですけど、毎日全力で僕のアピールポイントを見せれたらいいと思ってます。
では最後に、この名古屋にもカープファンが集まってくれました。
それから放送をご覧になってる、お聞きになってる方も多いかと思います。
ファンの皆さんにメッセージをお願いします。

今日は熱い応援ありがとうございました。
残り試合少ないですけど、全部勝つぐらいの気持ちで取り組んでいきたいと思います。
応援よろしくお願いします。


ありがとうございました。今日は決勝打でした大盛選手にお越しいただきました。

-J-SPORTS2 プロ野球中継-

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事