【カープ悔やまれる9回】佐々岡監督に欠けているきめの細かい用兵術
スポンサーリンク

カープ悔やまれる9回代走出しておけば

相手先発の金久保投手に予想以上に苦戦

今日の試合の先発投手の比較からして、そんなに厳しい試合展開にならないと予想していました。

薮田投手が初回にいきなり3失点しても、すぐに追いつけるのではと思っていました。
ところが、相手先発の金久保投手にかなり苦戦して、4回までノーヒットに抑えられて、早々に円陣を組むなどして、予想以上の相手先発のピッチングへの対応に苦慮しました。

ベテラン勢の意地見せた7回

會澤選手をベテランと位置付ける違和感はスルーしていただいて、今季バットが湿りがちと思う會澤のタイムリーで1点。
彼のバッティングセンスが今季少し影を潜めていただけに、今日のようなバッティングを見せつけられると、このところスタメンが多い坂倉への意地ともとれる活躍を感じます。

その會澤は今日は3安打猛打賞。

そして、起死回生の同点弾をライトスタンドに放り込んだのは代打で登場の長野選手。
ベテランの意地を感じた7回の攻撃でした。

佐々岡采配じゃ勝てないとまた感じた9回

2アウトながら會澤選手がヒットで出塁したときに、代走を出さないことに疑問を感じたカープファンは多かったはずです。
その後の堂林選手のライト線の2塁打でホームに戻ることは出来ませんでした。

解説の山本浩二さんは「延長戦を考えたら」と會澤に代走を出さなかったことに一定の理解を示していましたが、ベンチには磯村捕手がいたし、代走として野間、上本選手がいました。
こういうきめの細かい用兵術を発揮できないのを何度も見て来ています。

もし代走を出していれば、少なくとも3塁コーチャーは腕を回すシーンが見れたはずです。
セーフになったかアウトになったかはわからないけど、悔やまれる貝になったのは事実です。

どうしても巨人の原監督の采配、選手起用の上手さを見てきているので、こういう佐々岡監督の采配にがっかりしたシーンでした。

 

今日の試合クローズアップ

薮田投手残念な立ち上がり

今日の薮田投手の投球は、前回久しぶりの勝利投手となって次の試合でどういう投球が出来るかに注目が集まりました。
初回の投球を見ていると、前回の面影がなく、またもとに戻ったのかとがっかりのファンは多かったはずです。
ところが、2回からは修正できて結局は初回の3失点のみ。

味方が同点に追いついてくれて、負け投手にならずにすみました。

 

5回  87球 7被安打 2奪三振 3四死球 3失点

 

ベールを脱いだ田中法彦投手

今季ファームで9回のポジションで経験を積み重ねていた田中法彦投手。
1軍昇格してなかなか登板のチャンスに恵まれなかったけど、今日プロ初登板で上々のデビューを果たしました。

身長173センチと小柄な田中法彦投手。
プロ2年目で、今後の活躍が期待されます。

 

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 中日
床田 ロドリゲス

先発投手陣がこのところ覚醒し始めている中、床田投手も乗り遅れるわけにはいきません。
打線の援護に恵まれず勝ちにつながっていませんが、ここ数試合はまとまっています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事