【10/14巨人戦】「ベテランと言ったら長野は怒る」野村謙二郎氏のカープ解説語録
スポンサーリンク

野村謙二郎氏の解説語録 -10月14日-対巨人戦(東京ドーム) 

今シーズン、私が大好きなプロ野球解説者の野村謙二郎氏の解説を毎回まとめています。
カープというチームに、そして選手に対して、愛情あふれる解説をピックアップしています。

合わせて読みたい記事

 

10月14日の試合(対巨人戦) 野村謙二郎氏の解説語録 -ピックアップ-

4回裏丸の打球をファインプレーでアウト

(3回裏にも軽快な守備でダブルプレーを成立させて好プレー連発を受けて)

いやー凄いですね。
「凄いですね」って解説になっていないんですけど・・・

(実況:普通にやっているようですけど)

普通にやっていますね。
今僕ちょっと思ったんですけど、丸も打って菊池が動いていくのが見えてるじゃないですか。
「あーだめだ」って、そんな感じに見えましたね。

 

6回表 長野の打席にて

(主軸も任されることもある今季の長野ですねと実況アナに聞かれ)

今季のカープの打線を見てもいろんな試行錯誤をしながら・・
ケガ人も出たんですけど、いろんなオーダー組みましたよね。
まあその中のベテランと言ったら長野は怒るんですけど、「ベテランと言わないでくれ」と言うんですけど、いろんな打順を打っても、しっかり自分の仕事をここまでしてきていると思います。

 

9回表カープのヒット数が3本を受けて

ちょっとカープの方は、スコアボードを見てもヒットの方が3本ですから。
連勝の記録がかかった菅野を打ち崩したわけですからね。
今日も、活発に行くのかなと思っていたんですけどね。

試合後、明日に向けて

カープも方もいい連勝をして、なお東京ドームに来て、連勝中の菅野を打ち崩して勢いに乗るかなと思っていたとこに、ちょっと打線が湿っていたので、明日は打線の奮起を期待したいですね。

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事