カープ沖縄キャンプ3日目 鈴木誠也にアクシデント
スポンサーリンク

カープ春季キャンプまとめ 第2次キャンプ3日め-2月15日-

カープ春季キャンプもすでに半分以上が経過して、実戦形式に完全にスライドされています。
今日は、阪神との練習試合。
4番鈴木誠也にアクシデントというヒヤッとするようなニュースも流れてきました。

鈴木誠也にアクシデント

鈴木誠也が試合前練習の走塁時に右ふくらはぎ付近に打球が当たって、練習試合を欠場。
とても心配したけど、フリー打撃を行ったので大事には至っていない感じです。

「大丈夫です。何が起こるか分からないと思って頑張ります」

この程度のアクシデントでほっとしたファンも多かったみたいですね。

西川龍馬 ほんとに今季は20発行ける

西川が3番センターで出場してライトに一発放り込みました。
今年は、強く振ると意識して練習を重ねて、本塁打増も期待していますが、ほんとに20発以上は行けるんじゃないですかね。
ちなみに、昨季の西川は16本ホームランを放っています。

高橋大樹 猛アピール続く

高橋大樹外野手が8番レフトで先発出場。
日南キャンプから猛アピールを続けている高橋大樹は今日の阪神との練習試合でも、レフトに2ランを放ちました。
正隋との生き残り争いは、高橋が1歩リードしている感じですね。

先発ローテ生き残りへ アドゥワ

アドゥワが今日の練習試合に先発。
3回1安打無失点。
それでも3回に連打と死球で1死満塁のピンチを招くピッチング。

昨季の先発で何度も見せた連打病。
1本のヒットを打たれると、つるべ打ちされるイメージがあるアドゥワ。
こういうところを守勢しないと、今季の先発ローテには入れないと思います。

新人石原貴規捕手が強肩披露

石原貴規がスタメンマスク。
プロ初安打(2塁打)を放ち、守備では近本の足を刺した。
カープの盗塁阻止率はとても低いので、こういう強肩ぶりはとても楽しみですよね。

カープの捕手は、会沢という高い壁がある。
打てる捕手として頼もしいんだけど、守備面では盗塁阻止率が低いのがマイナス点。
会沢の牙城を崩すとしたら、そういうところ。
だから、今日の石原貴規捕手が近本の二盗を刺したというのは、それだけでもカープの捕手陣にインパクトを与えたと思います。今日のキャンプ情報の中では、一番期待されるものでした。あと、堂林選手。
我が家の一番の推しの選手ですが、2番ファーストでスタメン出場して、4打数3安打と猛打賞。
ここまで順調に来ているから嬉しいです。

 

おすすめの記事