【抽選結果報告】2020年カープ観戦チケットファン倶楽部先行販売-セブンチケット-
スポンサーリンク

2020年カープ観戦チケット -セブンチケット先行販売抽選-

カープの2020年シーズンの観戦チケットの争奪戦がスタートしています。
今年も人気が非常に高く、観戦チケットの争奪戦が厳しいのは変わりないようです。

その第1弾となったカープファン倶楽部5C会員限定の先行抽選販売。
先日、エントリーした試合をお知らせいたしました。

本日、その抽選結果が発表がされましたので、私の抽選結果のご報告をいたします。

ファン倶楽部5C会員限定
先行販売第1弾 セブンチケットの抽選結果ご報告

カープファン倶楽部5C会員限定の先行販売第1弾セブンチケットの抽選結果が発表されました。
結果は以下の通りです。

私が抽選エントリーした試合一覧-カープファン倶楽部先行販売セブンチケット-

 

試合日 対戦相手 希望席種 抽選結果
3月26日 ヤクルト パフォーマンスB ×落選
4月15日 阪神 パフォーマンスB ×落選
4月16日 阪神 外野ライト指定 ×落選
5月27日 西武 パフォーマンスB ×落選
5月28日 西武 外野ライト指定 ×落選
7月15日 巨人 パフォーマンスB ×落選
7月16日 巨人 外野ライト指定 ×落選
8月19日 DeNA パフォーマンスB ×落選
8月20日 DeNA 外野ライト指定 ×落選
10月10日 ヤクルト パフォーマンスB ×落選
10月11日 ヤクルト 外野ライト指定 ×落選
11試合抽選エントリーをかけて結果は全滅しました。
今回、同一試合で第2希望まで席種を選択できますが、私は全て第1希望のみにしました。
1試合くらいは当選すると思っていたので、残念な結果になりました。
ある程度、厳しい抽選結果になるということは、前回投稿でもお知らせしていました。

ファン倶楽部の会員限定での先着販売で期待をしている方もいらっしゃるかもしれませんが、
その楽しみはしない方がいいと思います
なぜなら、昨年も抽選販売だったローソンチケットの抽選結果を踏まえた予想です。私は、20試合近くエントリーして当選したのは、1試合のみでした。
中には、マツダスタジアム主催ゲームすべての試合をエントリーして、1試合だけの当選だったというのもTwitterで目にしています。
あくまでも、指定席狙いでの結果です。

数試合以上当選したという喜びのツイートも目にしましたが、私が確認したそのツイートの全てが内野自由席でしたので、あくまでも参考のためご報告しておきます。

皆さんの結果はどうでしたか?
負け惜しみではありませんが、昨年の先行販売は抽選ではなく、店頭での先着販売だったセブンチケット。
その時には参加できなくて1試合もゲットできていなかったので、まだまだここからです。
次は、ローチケのエントリーを頑張ってしましょうね。

2020 プロ野球全選手カラー写真名鑑 (週刊ベースボール2020年2月25日号増刊)

セブンチケット抽選結果から見えたこと

私は、今回外野ライト指定とパフォーマンスBの2席種に絞ってエントリーしていましたが全滅。
SNSで結果報告をされている方々をよく調べてみての印象を述べます。

全滅したファン数知れず

40試合以上エントリーした方も全滅したという書き込みが複数ありました。
10人の書き込みがあれば、7割以上の方が全滅したという報告をされています。
これは、全滅した私にとっては、少しのなぐさめになっていますけど、かなり厳しい抽選結果だったことがうかがえます。

希望席種の差1  内野指定席と外野指定席

私は、外野ライト指定とパフォーマンスBの2席種に絞ってエントリーしましたが全滅。
当選した方の書き込みをよく見ると、内野指定席での当選を果たしたファンの書き込みが、外野指定で当選した書き込みよりもはるかに上回っていました。

どうしても、チケット代金が内野指定席よりもリーズナブルな外野指定席を希望される方は多いです。
また、パフォーマンス席で応援団と一体となった応援に楽しみを感じているファンは多くいます。
そのために、内野指定席よりも希望が多かったことが予想されます。

あと意外にゲットしやすいと思っていた砂かぶり席
やはり、予想通り、この席種の当選報告をされている方もちらほらいらっしゃいました。
これも、やはりチケット代金が高価な席であることと、席数が少ないという思いから敬遠されるファンが多いという中での、意外な穴でした。
毎年、このような販売の時に、「砂かぶり席が意外に取れた」という報告が入る席ですので、次回のご参考にして下さいね。

希望席種の差 内野自由席

内野自由席は、その試合の席確保に大変苦労するということで、指定席よりも敬遠するファンは多いと思いますが、この自由席を希望されたファンの戦績はとても良かったようです。
家族の中に2名以上ファン倶楽部の会員がいるようなケースや、お友だち同士の連携などで、1人は指定席狙い、もう1人は自由席で、まずは観戦チケットの確保に努める作戦に出て、10試合以上のチケットの確保に成功した方もいらっしゃるようです。

これはあらかじめわかっていたことですが、それでも私は、どうしても内野自由席の席確保で開場時間に並ぶのは苦手で敬遠しています。

以上のことを参考にされて、
次のファン倶楽部先行抽選販売-ローソンチケット-の抽選エントリーに入ってくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事