【カープ凄絶な打撃戦ドロー】今日の試合何度負けを覚悟しましたか
スポンサーリンク

カープ凄絶な打撃戦ドロー 勝ちに等しい引き分け

今日からDeNAとの4連戦。
DeNAは巨人にこてんぱんにやられてチーム状態としては悪いので、ここはしっかり叩きたかったのですが・・・。

森下投手プロ最短KO

ここまでエース大瀬良投手よりも安定感がある森下投手
当然、彼が先発する試合は勝利期待度も高く、直近5試合だけ見ても4勝1敗(責任投手としては3勝1敗)という高い勝率を誇っています。

直前の巨人戦をすべて落としているDeNA相手に、ここも勝利期待度は高かったのですが、結果はプロ最短KO。
打線が奮起して、いったん同点に追いついたので、負けはつきませんでしたが、残念な結果になってしまいました。

チーム状態落としている相手にやられすぎ

13連戦最初のカードは、直前の6連戦を1勝5敗だった中日相手に1勝2敗。
そして、今カードDeNAは、4連敗中の相手。
チーム状態は決して良くない相手だけに、この4連戦は初戦からしっかり叩きたい相手でしたがドロー。

点の取られ方が悪すぎた

今日の試合、5点ビハインドを追い付いた直後に3点取られて再びリードを許し、さらに1点与えて4点ビハインド。
今度は同点にはならなかったものの3点返して1点差に追いついた直後にまた3失点。

中継ぎ陣の踏ん張りがきかず、追撃ムードに水を差すような失点のされ方でした。
こんな散々な試合だったのに、攻撃陣の踏ん張りは見事でした。

緒方監督と佐々岡監督の違い

苦しい試合展開の中で、7回終了した時点で追い上げムードの中で1点差まで詰め寄った時に、8回からマウンドに上がったのは島内。
結果は、3失点でまた4点差をつけられる展開に。

緒方監督時代のスコアシートを見返してみると、こういう展開の中では勝ちパターンをつぎ込んでくるケースが多かった。
逆転のカープと言われた頃です。
今季でいえば、もし緒方監督が采配を振るっていれば、8回のあそこの場面では塹江をつぎ込んでいたのかもしれません。

そんな投手起用の違いを感じた試合でした。

こんな乱打戦最近記憶にないくらい

今日の試合、皆さんは何度敗戦を覚悟したでしょうか?
それくらい、何度もがっくりするような試合展開でしたが、本当に負けなくてよかった。
今日の粘りが、これからの逆襲のゴングを鳴らしてくれたらと願うばかりです。

 

今日の試合クローズアップ

森下投手プロ最短KO

初回のピンチを切り抜け、2回を3者凡退に抑えた段階で、いつもの安定感ある森下投手に見えたのですが、3回で降板。

3回 73投球 8被安打 4奪三振 1四死球 5失点

コントロールもそんなに悪くはなかったけど、カーブでストライクがとれなかったのと、ソトの時だったかな?
アウトコースのストレートをボールと判定されたんです。
あれで急に、コースを投げ分けられなくなったような気がします。

4回のカープ打線

5点ビハインドの4回に、集中打で一気に同点としたカープ打線。
久しぶりに打線がつながって、気分良く観れた攻撃でした。

あの勢いでしたから、今日の試合は勝てると期待したんですが、その後の試合展開は誰も予想できませんでしたね。

中継ぎ陣誤算

同点に追いついて、さあここからという場面でマウンドに上がったのは菊池保投手。
いきなり、ソトに一発打たれてがっくりです。

観ているファンもがっくりだし、おそらく5点のリードを追いついたチームの勢いも止めてしまいました。
菊池保の起用は間違っていないと思うけど、悪すぎましたね。

そのあとの、ケムナ、島内の失点も追撃ムードを一時は不意にしてしまいました。

廣瀬3塁コーチの判断の悪さ

7回満塁のチャンスに長野がタイムリーを打った場面。
1塁ランナーだった坂倉に対して、廣瀬3塁コーチの判断が悪く、坂倉が中途半端な走塁となり、ホームでアウトになってしまいました。

いったん、球審はセーフの判定を出したのですが、3フィートオーバーでアウトでした。
この時、ネットでは「廣瀬3塁コーチから外して」というようなコメントが並びました。

同点に持ち込んだ曽根の走塁

佐々岡監督の選手起用が冴えた瞬間でした。
9回に代走として起用した曽根が、相手のちょっとした守備のスキをついてのタッチアップで2塁へ進塁。
その直後に、菊池の同点タイムリーが飛び出したので、値千金の走塁でした。

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 DeNA
大瀬良 大貫

エース先発の試合は確実に勝ちたい試合。
13連戦波に乗れないチームは、大瀬良の勝利で再点火したいところです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事