カープ観戦チケット値上げを聞いてカープファンが思うこと
スポンサーリンク

カープ公式戦入場券料金が値上げ

カープ球団から、来季からの公式戦入場券料金値上げの発表がありました。
公式ホームページでは、エバラ黄金の味びっくりテラスを改装して大小ともに定員を10名ずつ増やし、大は60名まで、小は50名までとなるという説明がありました。
また、「なお、新たな席種につきましては、別途ご案内いたします」ということですから、さらに席数が増えるかもしれませんね。

値上げ分は、消費税8%から10%に増税になった額を超えるもので、だいたい300円前後。
これについて、SNSでは値上げは仕方ないという理解のもとで、いろいろなファンの声が飛び交っていますね。

【来季からの公式戦入場券料金】

一般席 内野指定席A(1塁側・3塁側) 3,900円
内野指定席B(3塁側) 3,300円
スカイシート(正面1塁寄り・正面3塁寄り・1塁側) 3,300円
外野指定席(ライト・レフト) 2,400円
カープパフォーマンスB 2,100円
ビジターパフォーマンス・3塁側パフォーマンス 2,100円
内野自由席 大人 1,900円
こども 900円
砂かぶり席 正面砂かぶり席(1塁寄り・3塁寄り) 8,300円
KIRINシート内野砂かぶり(1塁側・3塁側) 6,300円
外野砂かぶり席(レフト) 4,000円
グループ席 コカ・コーラテラスシート5人掛け(正面1塁寄り・正面3塁寄り・1塁側) 24,000円
コカ・コーラテラスシート6人掛け(正面1塁寄り・正面3塁寄り・1塁側) 28,800円
コカ・コーラテラスシート7人掛け(1塁側・3塁側) 33,600円
ゲートブリッジ(6名まで) 24,000円
キリン生茶シート鯉桟敷(8名まで) 38,400円
プレミアムテラス(8名まで) 38,400円
コージーテラス(7名まで) 30,100円
セブン-イレブンシート寝ソベリア(2名まで) 7,600円
バスタベリア(2名まで) 7,600円
パーティー席 広島PARCOパーティーベランダ(150名まで) 465,000円
ラグジュアリーフロア(50名まで) 240,000円
<ひろぎん>パーティーフロア大(30名まで) 135,000円
<ひろぎん>パーティーフロア小(25名まで) 112,500円
パーティーデッキ内野(30名まで) 129,000円
パーティーデッキ外野(25名まで) 97,500円
アサヒスーパードライスポーツバー(40名まで) 172,000円
アウトドアデッキ1塁側(40名まで) 172,000円
アウトドアデッキ3塁側(30名まで) 129,000円
エバラ黄金の味びっくりテラス大(60名まで) 246,000円
エバラ黄金の味びっくりテラス小(50名まで) 215,000円
エバラ黄金の味パーティーグリル(30名まで) 129,000円
ちょっとびっくりテラス大(30名まで) 129,000円
ちょっとびっくりテラス小(25名まで) 107,500円
車いす席 内野車いす席正面砂かぶり3塁寄り(車いす席1席同行者席1席) 5,000円
内野車いす席(1塁側・3塁側) 2,800円
外野車いす席ライト 1,700円
外野車いす席カープパフォーマンス(最大車いす席2席同行者席3席) 1,700円
外野車いす席ビジターパフォーマンス(最大車いす席2席同行者席3席) 1,700円
ハートフルシート(7名まで)(最大車いす席3席同行者席4席) 23,100円
駐車場 球場東駐車場(コストコ屋上) 2,100円
車いす専用球場東駐車場(ルネサンス4F) 2,100円
車いす専用JR側駐車場(カープ屋内練習場) 2,100円
車いす専用球場3塁側駐車場 2,100円

また、球団のホームページのオンラインチケットやFAX申込から入場券を購入した場合の発送料も値上げされ、全国一律 ¥500/件(税込)から ¥700/件(税込)に。
これは高いですね。
郵便局のレターパックプラスにしたところで、520円ですからね。
企業努力でこの発送料って少しだけでも安くできると思うのですが。

ファンが思う観客席についてやって欲しいこと

今回の公式戦入場券料金値上げの発表を聞いて、一様に理解を示しているカープファンですが、一部には消費税の増税分を超える値上げに多少の抵抗感を持った方もいたようです。

球団の発表の中に、「なお、新たな席種につきましては、別途ご案内いたします」とありましたので、その費用に使われるのかどうかはわかりませんが、現状のカープ観戦チケットのプレミアム化による争奪戦をみるにつけ、もっと増席をして欲しいと望む声は大きいです。

そんな声をまとめてみると、次の2つに集約されているようです。

① 内野自由席を指定席にして欲しい

これは、今回に限らず、毎回望む声は大きいです。
座席を確保するために、開場時間の何時間も前から行列につかないと座席を確保出来ないこともあり、ファンにもかなりの負担が強いられているのも事実です。

また、私はチケットがプレミアム化してからは内野自由席で見たことがないので、直接その現場に居合わせていないのですが、一部のファンが不当に座席を占領しているということも聞きます。

座席が空いているのに、そこに荷物を置いて座れない様にして、ゆったりと観戦しているファンもいると聞きます。
そういうことを完全に無くすために、やはり指定席にすべきと言う声につながっているのです。

ただ、これには2つの問題点があります。
1つめは、内野自由席だからこそ、球場に早く入場してきてグッズショップやフードコートを利用してお金を落とす時間が短くなる点。
なぜなら、指定席にしてしまうと、試合時間に合わせて球場に向かうようになるからです。

2つめは、レディースカープの会員特典である内野自由席での観戦出来るということ。

2つめは、新たに会員特典用の座席スペースを増席すれば解決しますが、1つめのグッズショップやフードコートの利用する時間が少なくなる入場者が増えるのは大きな問題です。
東京ドームなど全席指定席の球場の状況を把握して、そこに向き合っていけば解決の糸口は見えてくると思うのですが、どうでしょう。

②根本的に座席の大幅増席を

今季の横浜スタジアムのあの増席を見て驚いた方も多かったと思います。

マツダスタジアムは、他の球場に類を見ないユニークな座席が注目されていますが、そういう設定よりも、絶対数チケット確保が出来ない現状に、座席をもっと増席して欲しいという声は多いと思います。

今季登場したバスタベリアに魅力を感じた方はどれだけいましたか?
確かにあの座席は面白いと思いますが、どれだけのファンがあの座席で試合を楽しめたでしょうか?
もっと、あのスペースの有効利用は無かったかと考えた方も多かったと思います。

レフトスタンド(コンコースに接している部分)は当初は、何列かの普通の座席がありました。
今では、グループ席の設定になっており、来季の入場券設定を見ても継続されるみたいですが、もう少し普通の座席が欲しいですね。

実は、あそこから見るグランドは、とても解放感にあふれていて、打球の行方などもしっかり見れてとても魅力的なエリアなんです。
新幹線が見えなくすることは出来ないみたいだけど、なにかそれだけで座席のエリアが少なくなっているのは何とも惜しいと思っています。

確かに、増席出来るとして、どこに設置していいのか難しいところですが、そこは今季の横浜スタジアム。
あんな大きなエリア「ウィング席」が想像できましたでしょうか?
外野席で試合を見るよりも、遠くになってしまうにもかかわらず、球場で試合を見れるチャンスが増えることに喜んだファンは多かったはずです。

マツダスタジアムでも、どうか新たな座席、それは注目を集めるようなユニークな座席ではなく、単純に1人でも多くのファンが観戦できる座席を設定して欲しいと願っています。

おまけ ビジターファンにも好かれる球場に

マツダスタジアムは正直、ビジターファンには可哀想な球場です。
ビジターパフォーマンス席があるけど、今季は試合によっては、約半分のスペースをカープファンに使われる設定にもなっていました。

このあたりは、対戦チームのファンにももっと気持ちよく応援できる球場づくりに、対策を講じてして欲しいと感じています。

さて最後に、来季に向かってどんな新しい座席を発表してくるのか?
注目してみたいと思っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事