【9/15 対中日戦】九里投手のヒーローインタビュー全文ご紹介
スポンサーリンク

9/15 対中日戦 今日のヒーロー 九里投手のインタビュー全内容

ヒーローインタビュー内容

放送席、放送席、そしてカープファンの皆さん、お待たせいたしました。
ヒーローインタビューです。

今日のヒーローは、粘りのピッチングで今シーズン4勝目、九里亜蓮投手です。

ナイスピッチングでした。

ありがとうございます。


今日はご自身のピッチングでいうと、前々回投げ合ったドラゴンズの大野投手との投げ合いでした。
どんな気持ちを持ってマウンドに上がったんでしょうか?
そうですね。
大野投手はすごくいい投手で、まあ何とか投げ負けないように、先に点をやらないように、それだけを考えて投げました。


9連戦の最初になったわけですが、初回3者三振、非常に強く気持ちが出ているように感じました。
いかがでしたか?

あまり三振を狙ったわけでもないので、いい形で初回終われたのがよかったかなと思います。
ただその流れのままに初回、いきなり味方が大野投手から4点先制してくれました。
これはどう見ていましたか。
やっぱり先に点を取ってくれて、気持ち的に楽に投げることができましたし、本当にフォアボールも出してしまったんですけど、野手の方がしっかり守ってくださったので、そこに感謝ですね。


今、九里投手ご自身の口からもありました、ランナーは出しながらも、本当に味方の素晴らしい守備が各所にありました。
投げながら一つ一ついいプレーが出る度に、どんな気持ちになっていましたか。
いやもう本当にありがたいその一言です。

チーム状況そして、先発陣の状況も今非常に苦しいところだと思います。
その中で経験豊富な九里投手にかかる期待というのは大きくなっていると思います。
周囲からの思い、ファンからの期待、どう感じてらっしゃいますか。
そうですね。
その期待にしっかりと応えれるようにやっていかないといけないと思いますし、今日のようなピッチングを続けていかないといけないっていう風にも思ってます。
今日の試合で言えば、九里投手の降板後に、少しずつ詰め寄られていく中で、堂林選手のタイムリーがありました。
ああいったところは、どんな気持ちでベンチから見つめてましたか。
本当に心強い野手陣ですし、やっぱり同級生っていうこともあるので、すごく嬉しかったです。
非常に強い気持ちを持って臨んだ9連戦の初戦、いい形で取れたと思います。
この先に向けて、まだまだ戦い続けます。ファンの皆さんに力強いメッセージをお願いします。
一戦一戦しっかり勝っていけるように、明日からも頑張りたいと思います。
応援よろしくお願いします。
ありがとうございました。
ありがとうございました。
今日のヒーロー、今シーズン4勝目、九里亜蓮投手でした。

-J-SPORTS1 プロ野球中継-

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事