スポンサーリンク

カープ楽勝ムード一転冷や冷やへ それでも勝てばいいんです

昨日は大野雄大投手にこてんぱんにやられたので、今日は絶対に負けられない試合。

楽勝ムード一転

初回いきなりのピレラ、菊池涼の2者連続HRでいきなり2点を先制したカープ。
このところ先制する試合が少ないので、幸先いい試合展開に期待が持てました

そして4回に飛び出した會澤のグランドスラム。
6点リードと野村投手の投球内容からして完全に楽勝ムードに入りました。
ところが一転。

野村投手6回の壁

5回までは安心して見れた投球でした。
5回までは被安打2与四死球1に抑えていたわけですから、完封するんじゃないかと思ったくらいです。
そんな野村投手が突如崩れました。

これ伏線はあります。
投げ分けた微妙なコースをボールと判定されたりして、カウントを悪くしたのも1つの要因でした。
ただ球威が突然落ちたのは確かでしたから、いっぱいいっぱいだったのかもしれません。

もう1つは、この回に入る前、打席に入ってサードゴロで1塁に走塁したのも原因になっていたかもしれません。

負けられない試合をチーム一丸

6点リードから、1点差に迫られて、俄然盛り上がったのがJ-SPORTS2の実況と解説の彦野氏。
急に騒がしくなって、彦野氏は「完全に中日に流れ」と元気になっていました。

ところがドアラの無難なバク転が失敗に終わり、流れは一気にまたカープへ。
8回の追加点で試合は決まりました。

今日の試合クローズアップ

野村投手6回突如乱調

野村投手をよく知っているファンは、6回は1つのハードルなんです。
今年は安定感があるので、7~8回まで投げるケースが多くて、6回の壁を感じることはなかったのですが、6点リードをもらっているのに突然の乱調でした。

5回1/3 101投球 5被安打 1奪三振 3四死球 3失点

J-SPORTS2の解説の彦野氏は「交代が1人遅い」と言ってたけど、いい球投げていたし、微妙なコースをボール判定されてたし、交代の判断は難しかったと思います。

中継ぎケムナ投手

野村が急に崩れたから、準備も万全ではなかったと思います。
阿部を3-0から三振に打ち取ったまではよかったけど、京田への四球は痛かったです。
あれで動揺もあったのかなぁ。
苦しい場面での登板、2失点したけど、表情はしっかりしていたしいい投手になってます。

會澤躍動の5打点

今季の會澤選手、打率こそ極端に悪いわけではないけど、昨季の勝負強いバッティングを見てきているので、物足りなさを感じていたファンは多かったはずです。

そんな會澤選手が今季一番輝いた試合になりました。
これが私たちがイメージしている彼のバッティングです。
8回のあのチャンスの場面で、彼に打順が回った時、ダブルプレーのイメージしかなかったネガティブなカープファンは私ですが、今季はそんなバッティングが多かったのが事実です。

これで一気に乗っていけるといいですね。

長野は下降線

梅雨明け前後から、カープ移籍後で一番調子をあげてきた長野選手。
さすが夏男と異名をとるだけあります。
巨人の丸が不調を極めていた時なので、昨年とは好対照とと話題になりました。

そんな長野のバットが湿り始めています。
と同時に、丸のバッティングの状態が上がっています。
この二人のバッティングは、反比例しているのかもしれませんね。

今日の打席見ていると、ちょっと疲れが出て来ているかなという感じです。
下半身に粘りが無くなっているように見えますので、ここは積極的休養を入れて後半戦にまた調子をあげて欲しいです。

スポンサーリンク

今日のヒーローインタビュー ピレラ選手のヒロイン全文ご紹介

今日のヒーローはグランドスラムを含めて、8回試合を決定づける追加点をたたき出した5打点の會澤選手だと思っていました。
ところが、先頭打者ホームランと猛打賞のピレラ選手がヒーローでした。

ピレラ選手、日本に来て初のヒロインだったと思いますが、間違っていたらごめんなさい。

 

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 中日
K.ジョンソン 福谷

開幕からここまできだ勝ち星がないK.ジョンソンですが、前回の投球はかなり戻ってきたように感じました。
そろそろ勝ち頃です。
チームの状態が上がってこない原因の1つなので、ここでの1勝は大きな勝ちとなります。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事