【ささっと読める】カープ春季キャンプ4日め情報まとめ
スポンサーリンク

カープ春季キャンプ情報まとめ 4日目 -2月4日-

カープ春季キャンプの情報まとめをしています。
今回は、キャンプ4日め-2月4日- の情報をピックアップしてささっとまとめています。

今日は、キャンプ4日目で、疲れも出て来たので、練習は少し早い時間で切り上げる選手が多かったようです。

野村投手にアクシデント

キャンプ2日めに負傷し、3日は日南市内の病院を受診していた野村投手の怪我の内容が判明。
「右腓腹筋損傷」
この日からリハビリ組の3軍扱い。
全治とかは、どこの記事にも見当たりませんでしたが、開幕を危ぶむ声が多いです。
わかっていません。、通算71勝の右腕の開幕ローテ入りに黄信号がともった。

 佐々岡監督のコメント

「チームにとって痛い。再発しないようにしっかり治してほしい。若手にとってチャンスなので競争意識を持ってほしい」

ただこの時期でのアクシデントは不幸中の幸いという見方と、
1年を通じた体力づくりの大切な時期での離脱という不安視する見方と交錯しています。

ピレラ 連日のランチ特打

新外国人のピレラが毎日ランチ特打を行っています。
日に日に評価を高めていて、他球団のスコアラーからは、以前罪節していたルナのようと言われたり、20本は行くのではと警戒されています。
今日も右方向へ鋭い打球を連発。柵越えを放つなど調子を上げています。

あす5日の練習では、今キャンプ初めてフリー打撃を行います。
予定では、菊池保と九里投手と対戦する予定で、どんなバッティングするか注目です。

 

中村奨成 居残りロングティー

中村奨成捕手が、全体練習終了後に一人で居残りロングティーを行いました。
何度もオーバーフェンスし、状態の良さをアピール。
沖縄に行けるかどうかボーダーラインにいるだけに、「けっこう飛んでいましたね」と1軍生き残りをかけて必死です。

田中広が必勝祈願

春季キャンプ前には、開幕に間にあうかどうかと思っていましたが、軽快な動きを見せていることから、開幕から出場できる状態まで回復はしているようです。
昨夏に右膝の手術を受けた影響を感じさせず、打撃練習でも順調に来ているようです。

練習前には選手会長として、宮崎県日南市の鵜戸神宮で佐々岡監督や鈴木球団本部長らとともに必勝祈願。
「1年間けがなく、チームが戦い抜けるように祈願した」

おすすめの記事