【ささっと読める】カープ春季キャンプ3日め情報まとめ
スポンサーリンク

カープ春季キャンプ情報まとめ 3日目 -2月3日-

カープ春季キャンプの情報まとめをしています。
今回は、キャンプ3日め-2月3日- の情報をピックアップしてささっとまとめています

本日は、スカパーの毎月第1日曜日の無料の日ということで、
休日の昼下がりのんびりとテレビでキャンプを楽しんだ方も多かったと思います。

岡田フリー打撃登板で制球力にまとまり

岡田明丈投手がフリー打撃に登板。
昨季、制球力を乱してイップスの不安を感じていたけど、今回、1人め高橋大を相手に19球を投げてボール判定は1球のみ。
2人めの正随には22球のうちボールが10球とやや乱れました。

今季は中継ぎに転向。
彼のポテンシャルをそのまま発揮できれば、不動のセットアッパーの期待が高まります。

K・ジョンソン ブルペンで投球

K・ジョンソン投手が今キャンプ初のブルペン投球。
ストレート変化球と、投球数は37球。
今季開幕投手は大瀬良投手が指名されていますので、ジョンソン投手は第2カードの初戦に先発するものと思われます。

野村負傷 3日目はキャンプ欠席

球団によるとキャンプ2日めに負傷し、3日は日南市内の病院を受診。
佐々岡監督は「詳しいことは入ってきていない。心配している」と話しています。
まだ詳細は入ってきませんが、「心配している」という言葉を発しているのが気になるところです。

小園 レギュラー奪取に猛アピール

小園がショートのポジション争いに猛アピール。
早出で守備特訓、フリー打撃ではボール球の見極めを意識しながら、一岡から安打性の鋭い当たりを3本。

昨季の小園は、初球からガンガン打ちに行ってたけど、ボール球でもなんでも振っていたので、選球眼に磨きをかけてるようです。
私は、打撃に関しては、やはり田中広輔が1枚も2枚も上だと思っていますが、打撃向上すると一気に見方は変わるかもしれません。

ドラ1森下が2度めのブルペン投球

ドラフト1位・森下投手がキャンプ2度目のブルペンで42球。
直球にカーブ、カットボールを交えながら1度めよりも良かった模様。
私も、森下投手の投球フォーム見て、期待感が高まりました。

 

上本が早出特守

小園とともに早出特守に挑んだ上本内野手
ムードメーカー的存在だけど、今季は正念場。
同タイプの曽根がいるため、2人の1軍枠争いに注目です。
昨季序盤は、上本、曽根ともに1軍にいましたが、中盤にファームへ降格していました。
私は、曽根が上本かと聞かれたら。上本推しです。

一岡が復活を賭けて2段モーション

ブルペン投球で2段モーションを見せた一岡投手。
昨季までの1段モーションと比べ、手ごたえを感じている様子です。

おすすめの記事