カープ先発投手予想-2019年8月27日~9月1日-
スポンサーリンク

カープの先発投手予想(2019年8月27日~9月1日)

テレビやスポーツ紙などの報道と、直近の先発ローテーションと投球内容を基に、予想しています。
あくまでも予想ですから、広く温かい目で参考程度にご覧頂けると嬉しいです。
特に、相手チームの先発投手予想はかなりあいまいですので、お許しください。

リーグ4連覇へ向けて、最後まであきらめない戦いを続けているカープにとっては、この6試合が全てのカギを握る重要な1週間となりそうです。
すでに巨人に優勝マジックが点灯してしまいましたが、とにかく目の前の一戦一戦を勝つことだけに集中してもらいたいです。

対巨人戦 8月27日~29日(東京ドーム)
8月27日 ジョンソン    (メルセデス)
8月28日 野村       (菅野)
8月29日 大瀬良or薮田     (桜井または今村)
*中5日で大瀬良先発の臨戦態勢を望んでいます

今シーズン最大の重要すぎる3連戦といえます。
巨人は、最低でも1勝すればいいという立場。
こっちは3タテしないと行けない立場。
ここでの勝敗が奇跡の逆転リーグ4連覇に向かっているカープの今後を決めそうです。
もはや、3連敗したらリーグ制覇についてはジエンド。
初戦ジョンソンで確実に勝てるかどうか?
2戦目野村が比較的相性のいい巨人戦にその投球が出来るかどうか?
3戦目は谷間になるけど、そのまま谷間の試合にするのか?
中5日で大瀬良を立てるか?
相手投手は、この3連戦を山口を回避出来て、菅野以外はそんなにシビアではない先発とみていいでしょう。
菅野投手も、いい時の菅野とは違うので、全く打てないということはないでしょう。
ちなみに、前回の対中日戦 7回投球 被安打8 失点1という投球内容。
1失点に抑えたとはいえ、中日はしっかりと攻めていて、あと1本が出なかったという試合でした。
ピンチをしっかり抑えるのが菅野の真骨頂でしょうが、もはや負けられません。
菅野に相性のいい、安部選手の調子が上がっているので期待しています。

対DeNA戦 8月30日~9月1日(マツダスタジアム)
8月30日 大瀬良or薮田orモンティ―ジャ  (東)
8/29巨人戦に大瀬良先発してくれればモンティ―ジャか床田を中5日で回してくる可能性もあり
8月31日 床田   (石田)
9月1日  九里   (今永)

前回、ハマスタで負け越したけど、ここは絶対に譲れないですよね。
出来れば、東京ドームで波に乗って、マツダスタジアムに帰ってきてほしいです。
2位以上を決定づけるためにも重要な3連戦。
前回完封された今永との対戦が一番シビアな戦いとなりそうです。
そのためにも、それ以外の試合は勝って、迎えたいです。
前回のように、首位巨人が、2位3位の星の潰し合いを喜んでいたような3連戦にしたくないので、カープがある程度DeNAに差をつけて、2位をキープした3連戦になっていればいいです。

カープファンの鯉言
かなり重要な1週間になります。
ここでゲーム差を縮められなければ、ジエンドになりそうです。
もちろん最後まであきらめずに応援しますが、かなり厳しい局面になりかねない1週間です。それだけに、逆転リーグ制覇に向けての最後のチャンスになる1週間でもあります。
自力で巨人との差を詰められることができる3連戦。
ここで最高の結果があげられるとすれば、次のDeNA戦を2勝1敗と見て、この6連戦を5勝1敗。
逆に、巨人は、直接対決の次の相手が阪神。
まさか、前回みたいに阪神が1勝もできないということはないでしょう。
ここは思いっきり希望として阪神が勝ちこしてくれれば、巨人は1勝5敗。
もしこんな最高のシナリオが描けるとすれば、一気に4ゲームも差が縮まります。
リーグ4連覇がもし果たせるとしたら、まんざらこんなシナリオが、本当に現実になるかもしれません。少し、現実的に見たシナリオはこうです。
巨人、DeNAに2勝1敗で4勝2敗。
巨人は、逆に2勝4敗くらいでいけば、2ゲーム縮まります。
あくまでも、机上論、ここまでくればどれだけ波に乗れるかどうかにかかっています。私たち、ファンは最後まで応援あるのみ。
勝ってもカープ。
負けてもカープ。
頑張れカープ。

スポンサーリンク
おすすめの記事