【カープ今季最終戦飾れず】故障者続出とコロナ禍で狂わされたシーズンが終了
スポンサーリンク

カープ故障者続出とコロナ禍で狂わされたシーズンが終了

九里投手粘投も打線の援護なし

九里投手のシーズン終盤でのピッチングは圧巻そのものでした。
シーズン序盤は、連戦の初戦を任されてチームを勝ちに導けず、チームも波に乗れませんでした。
終盤にきて素晴らしい投球を見せ始めてからは、連戦の初戦を勝てるようになり、それにつれてチームの調子も上向きになりました。

今日の解説・野村謙二郎氏も終盤の九里投手をべた褒め。
「巨人の菅野投手に投げ勝ったのが大きな自信になっている」と評していました。

最終回は悪い時の九里投手が出たけど、以前の彼の悪い姿ではなく、自信に満ちた表情をしていて、大きな成長を感じました。

 

小窪選手8回代打で登場

今季限りでカープのユニフォームを脱ぐ小窪選手が今日1軍昇格して、8回裏代打として登場。
カープ選手として最後の勇姿を見せてくれました。
カープ選手としての最後の打席は、代打の切り札になったシーズンを思い起こすようなヒットで出塁。

私が応援している選手の一人だったので、とてもさみしいです。
カープ以外のユニフォーム姿の小窪選手は想像できないので、まだ少し動揺しています。

他チームでも応援していきます(巨人や阪神だけはいかないでね-本音-)

 

スポンサーリンク

今日の試合クローズアップ

九里投手 今日も安定感ある投球

最終回は、不用意な四球からの失点で、悪い時の九里投手が覗いたけど、今日も安定感ある投球を見せてくれました。

9回  129球  8被安打 6奪三振 4四死球 3失点

シーズン通して、先発ローテーションを守り切った九里投手。
今季終盤に見せたような投球が出来るならば、来季先発ローテーションの3本柱の1人として期待できそうです。

石原慶幸氏 来季広島テレビの解説者に

今日の中継、6回に今季で現役引退した石原慶幸氏が解説ゲストとして登場。
そこで、来季広島テレビの解説者に就任することが発表されました。

6回だけの出演でしたが、解説者野村謙二郎氏を置いて、実況の長野さんは石原氏を解説の中心として、いろいろな話を聞きだしていました。

石原氏の来シーズン以降の抱負

キャッチャー目線で、なるべく皆さんにわかりやすくお伝えできればいいと思って、頑張っていきます。
よろしくお願いいたします。

 

菊池涼 シーズン無失策達成 

日本プロ野球史上初の2塁手1シーズン無失策記録を達成
今季503回のプレー機会に関わって、無失策というのは素晴らしいです。

野村謙二郎氏が、この記録の凄さを試合終了後に何度も説明していました。
おそらくこの記録を抜ける選手は出てこないのではと、それくらい素晴らしい記録と絶賛されていました。
おめでとうございます。

鈴木誠也 5年連続3割25HRを達成

先日の試合で、厳しいと思われた3割台に3打数3安打で乗せた鈴木誠也が、5年連続の3割と25本塁打以上を達成。
史上4人目の快挙達成です。

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

おすすめの記事