広島東洋カープ2020年観戦チケット入手攻略ガイドVOL.1~今やっておくべきこと
スポンサーリンク

毎年熾烈を極めるマツダスタジアムでのカープ主催ゲームの観戦チケット。
まだ先と思っていても、あと2ヶ月ちょっとで、争奪戦がスタートします。
例年通りだと、一般発売は3月1日。
マツダスタジアムでの主催ゲーム全試合が一斉に発売となりますが、これまで争奪戦に参加された方はお分かりですが、2月に行われる先行販売、抽選販売で、いかに一般発売日までにゲットしておくかが勝負の分かれ目になります。
今回は、その準備として、今やっておきたいことをお知らせしますね

2019年チケット一般発売までの先行販売の流れ

ここで、今年の2月始まった先行発売の流れをもう一度おさらいしておきますね。
2020年シーズン争奪戦に勝ち抜くためにも、、今季の発売スケジュールをしっかりつかんでおいて、来季の準備をされるといいと思います。

2019年カープ観戦チケット先行販売スケジュール
(日付けは受付開始日です)
2月8日  カープファン倶楽部先行販売 セブンチケット(先着)
2月12日 カープファン倶楽部先行販売 ローソンチケット(抽選)
2月15日 チケットぴあプレミアム会員枠(抽選)、ローソンチケットLencore枠(抽選)、イープラス(先着)
2月16日 チケットぴあ一般会員枠(抽選)、ローソンチケットプレリク枠(抽選)
2月28日 JCBセリーグ枠(先着)

今からやっておきたいJCBセリーグカード入会

今回ご案内しておきたいのが、意外と知らない、JCBセリーグカード枠
JCBセントラルリーグオフィシャルカードに入会していることが、条件の会員向けのチケット販売となります。

いつまでに入会しておけばいいか?

まだ2カ月以上も先だから、「ゆっくり考えればいい」と言われるかもしれませんが、一般的には11月までの入会が理想的で、年内の入会であれば、このJCBセリーグカード枠の先行販売に参加できます。

実は私、2019年2月に急きょ入会して、カードが手元に届いたのは2月21日
販売スタートが2月28日でしたから、そのタイミングでも参加できました。
チケット申し込みにあたっては、クレジットカード番号が必要になりますが、急きょ入会ということでシステム上の都合からなのか、申し込み用の番号を別に案内されました。
通常は、前年までに入会しておくことが必要のようですので、次回もこういう対応をしてくれるかどうかは不明です。ご参考までにしておいてくださいね。

おすすめの理由

カープファンなら見逃せないカードデザインは魅力的です。
今回おすすめの最大のポイントと言うべき特典、 観戦チケット先行販売やJCB協賛試合へ抽選でご招待

現在、入会キャンペーン実施中なので入会するなら今がチャンスですよ。

スポンサーリンク

JCBセリーグ枠先行販売に参加した結果

JCBセリーグ公式戦チケット販売開始日は、チームによって異なります。
2019年のカープ、マツダスタジアムでの試合は、2月28日午後5時からスタートでした
取扱いの席種は、内野A指定席の1塁側か3塁側の2択になります。

午後5時前からパソコン前でスタンバイ。
プレイガイドの先行販売のようにつながらない状態が続いてイライラするんだろうと思って臨んだのですが、これが意外とスムーズにつながりました。
さくさくという感じでもないのですが、プレイガイドの先行販売とは違って申し込みの場面までスムーズです。

結果は、
9月11日 対中日戦の1塁側内野A指定席を2席ゲット

ただ、少し焦る場面もありました。
まず、試合を選択して、
希望の席(内野A指定席1塁か3塁の2択のみから)を選択して、
ここからカードの登録から名前、電話番号などの入力が必要になります。
この入力中は、決して皆さんほどキーボードをたたくのが早くはない私ですので、ドキドキものでした。
結果は、申し込み完了

次に、9月の何試合かをチャレンジしましたが、ここからは全て予定枚数終了となっていました。
ただ、平日の試合に限って言えば、まだ取れそうな感じでした。
1試合だけの確保でしたが、それでも確保するのにそんなに苦労はしなかったのでお勧めします。

JCBセリーグオフィシャルカード会員になるべきか

発売開始直後からつながりやすいので、他のプレイガイド先行に比べると確保の可能性は高いと思います。
1試合くらいなら、それも平日の試合なら、確保の可能性はかなり高い方法だと思います。
どの試合から申し込んでいくかの違いだけだと思いますので、もちろん、週末や夏休みの試合であっても、プレイガイド先行先着発売確保よりは、確保しやすいと思います。

JCBセントラルリーグオフィシャルカード年会費は2,200円必要ですが、初年度は年会費は実質無料と言うお得感もありますので、今から、準備しておくべき方法として私は会員になっておくべきとおすすめします


スポンサーリンク
おすすめの記事