【カープ野村緊急降板】中盤からは主導権握るもチャンスを再三潰し引き分け
スポンサーリンク

カープ勝ちきれず引き分け

先発野村投手にアクシデントか

初回に幸先よく1点先制して、2回に同点に追いつかれた直後、野村投手の打順に代打が送られて2回降板となってしまいました。
まだどうして降板したのか情報は伝わってこないけど、何らかのアクシデントが発生したというのが大方の見方です。
大事でなければいいのですが、大瀬良が離脱して、ジョンソンが不調で苦しむ中、これ以上先発ローテーションの投手の離脱は厳しいです。

そのあと、緊急登板となったと思う高橋樹が崩れて4失点。
野村降板のショックを引きずるかのように、あっという間に試合が崩れかけましたが・・・。

 

佐々岡監督のアグレッシブな采配が見れない

5回に打線がつながり4点ビハインドも同点で、流れは一気にカープに来ました。
間違いなく来ていたと思います。

そして6回表、菊池の送りバントで1アウト2・3塁のチャンスで代打小園。
ここで相手投手が左の大江にスイッチしたのに、そのまま小園を代えず。

 

ネットでは、長野に代えるものだと思っていたので少しざわつきました。
あそこでベンチにいた右打者は、長野、磯村、三好の3人。
ここで小園にまた代打を出すと、控えが少なるとの判断だったと思うけど、あの大事な場面での佐々岡監督の采配に今季のカープの弱さを見た思いです。

結果は小園三振。
そして2アウトになったところで、代打長野が出て凡退して、チャンスをつぶしました。
試合を左右する場面で畳みかけていくアグレッシブな采配が出来ないのは見ていて残念です。

なにかも上手くいかない佐々岡監督の采配

6回のチャンスをつぶしたけど、8回にも1アウト1・3塁のチャンス。
今度は果敢にに仕掛けるも、代打坂倉に初球スクイズも敗。
スクイズという作戦自体は間違っていないと思うけど、なにかも上手くいかない佐々岡監督の采配です。

これに懲りずに、これからもどんどん仕掛けて行く采配を期待しています。

 

今日の試合クローズアップ

野村投手にアクシデントか

3回表野村の打順で代打上本がコールされたときにドームはどよめきました。
2回で降板となった驚きのどよめきでした。
マウンド上の姿を見る限りでは、どうして降板になったのかわかりません。

解説の山本浩二さんは「何かのアクシデントでしょう」と言われましたが、その詳細はまだ伝わってきません。

2回  33球 1被安打 0奪三振 1四死球 1失点

 

代打小園に代打出さず

6回表1アウト2・3塁のチャンスの場面
投手に打順が回ってきて代打小園のコール。
相手投手が左の大江に継投した時点で、代打の代打と思ってた。

解説の山本浩二さんも代打の代打と解説していましたが、そのまま小園を起用。
結果は三振でチャンスをつぶしてしまいました。

 

山本浩二さんの解説ちぐはぐ

監督経験あるのに解説でちぐはぐが目立ちました。

6回表の代打小園に、相手投手がスイッチした時点で、代打の代打と解説したけど、小園がそのままバッターボックスに入り驚くシーンが見られました。
まあこれは、大方のファンも代打の代打と思っていたから仕方ないです。

次に、8回表の先頭會澤(代走曽根)が出て、バッター堂林。
浩二さん「ここは送りバントはないでしょう」と解説したけど、今季の佐々岡監督の采配を見てきている大方のファンは送りバントとみていたので、見解は違っていました。
もし山本浩二監督ならば、強攻だったんでしょうね。

坂倉のキャッチング

試合が競れば競るほど不安な坂倉のキャッチング
8回裏簡単に2アウトを取ったのに、四球で出したランナーを後ろに逸らして得点圏にランナーを進めてしまいました。

直後、長野のバックホームでミスを帳消しにしたけど、坂倉のこのキャッチングの拙さで落とした試合もあります。

菊池涼介セリーグ記録更新

菊池が今季セカンドの連続無失策記録434でセリーグ記録を更新しました
明日からもまだまだ伸ばしてほしいです。

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 中日
床田 ロドリゲス

床田投手も遠藤投手のように投げてみないとわからない先発です。
ただ前回は初回のいきなりの4失点と悪かったけど比較的いい投球が最近見られています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事