【カープ菅野を攻略したのに】相手先発ローテ復帰の投手を崩せず対巨人戦6年ぶり負け越し
スポンサーリンク

カープ相手先発ローテーション復帰の投手を崩せず

遠藤先発の注目はやはり立ち上がり

遠藤投手が相変わらずの立ち上がりの不安を露呈。
初回、2回と1失点ずつ。
それもいずれも与えた四球の走者が失点につながっています。

実況アナウンサーが今日の遠藤投手が、この試合の意気込みとして、「初球からどんどんストライクで攻めて行く」と紹介していて、とても期待して見ていたけど、いつもと変わらない遠藤投手がそこにいました。

 

先発投手比較から今日も勝利を期待

今日は巨人は先発ローテーションの谷間の投手。
こちらは先発ローテーションを守ってきた遠藤となれば、今日も勝利を期待しますよね。

1点先行されたものの、すぐに會澤のホームランで追いついて、そんなにシビアな戦いにはならないと予想していました。

ところが5イニングと決めていたかのように、序盤からかなり飛ばしていて、5回1失点ですぱっと継投に入りました。
カープにしてみたら、「さあここから」という思いがあったのに、目先を変えられて苦しみました。
このあたりの原監督の継投の潔さに、今年の巨人の強さを感じます。

こういう継投の上手さを、投手出身の佐々岡監督にやってもらいたいのですが、逆に遠藤投手の継投時期を誤ってしまいました。
この采配の違いが、すなわちチームの強さの違いになっているように感じました。

スポンサーリンク

今日の試合クローズアップ

遠藤投手はやはり立ち上がり

今日も、初回2回と序盤で失点しました。
いずれもフォアボールのランナーが失点となっています。
毎回同じ失敗の繰り返し。床田投手には厳しい佐々岡監督だけど、遠藤投手には優しいね。

5回1/3  107球 7被安打 4奪三振 4四死球 4失点

私だけかもしれないけど、いつも遠藤投手の投球見てるとだるさを感じています。
それは、ボール先行で、3ボールピッチングが多く、あげくに四球を与えて失点につながるシーンを多く見てきています。
たまにいい投球するけど、シーズン通して同じことの繰り返しをみせられているので、だるさを感じています。

菊池保の乱調ぶり

ここ最近の菊池保は、試合をぶち壊してしまうイメージが強いです。
あれだけ、昨季は「中継ぎに菊池保がいなかったらと思うとぞっとする」とまで言わしめた活躍ぶりだったけど、今季はさっぱりです。
これだけ毎回打ち込まれるのなら、ファームで頑張ってくれている投手にチャンスを与えてもいいと思っています。
高橋昴や田中法あたりの1イニング投げる所を見てみたいのですが、どうでしょうか?

堂林の2回表のレフトライナーを好捕されて

打った方もお見事。
それよりも、あの打球を好捕する守備はもっとお見事だった。
あれだけのアグレッシブに打球に飛びついていくプレーが出来る外野手はカープにいるのだろうか?

巨人の若手が優勝に向かって躍動しているのを見ていると、カープの若手も負けてはいられないですよね。

 

 

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 巨人
野村 サンチェス

野村投手はこのところ5回持つか持たないかの登板が続いています。
昇格した直後の安定感は影を潜めていますが、そろそろナイス投球をしてくれる頃と見ています。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

おすすめの記事