【カープ同一カード負け越し】クオリティースタートを決めても勝てなかったジョンソン投手
スポンサーリンク

クオリティースタートを決めても勝てなかったジョンソン投手

 

ジョンソン投手今日も負けたけど次につながる投球

開幕からここまで未だ勝つ星なしのジョンソン投手。
ここまでチーム状態が上がってこない大きな原因となっています。

今日こそは勝ってくれるだろうと大きな期待をもった試合。
2回堂林選手の先制HRで幸先よく1点リードをもらったけど、ここからの点の取られ方がまずかった。
直後に、先頭バッターを出して、記録はジョンソンの暴投だけど石原は十分に止めれたはず。
得点圏にランナーを進めてしまい、同点タイムリー。

4回に松山の勝ち越しタイムリーが出るも、またその直後、相手投手井納に逆転タイムリーを許してしまう始末。
今年のジョンソンが勝てないのを象徴するような点の取られ方でした。
それでも、クオリティスタートを決めているだけに、次回登板につながるものは見れました。

巨人3タテの勢いはどこへ行った

これで6連戦の最初のカードを負け越し。
火曜日からの3連戦の頭を九里が先発する以上、これからも勢いをもって週末のカードに入っていけないです。

どこかのタイミングで、九里以外の投手、たとえば次週9月1日は中5日で野村投手に頑張ってもらうなどしないと、いつも負けから入るのはなかなか調子の波に乗っていけないです。

 

今日の試合クローズアップ

ジョンソン投手

今日のジョンソン投手。
いつもだったらイライラしかねない場面がいくつかあったけど、落ち着いて投げていたように見えました。
今日も勝ち星をあげることは出来なかったけど、次に期待できる投球でした。

打線の援護がもっとあればという思いと、悔やまれるのは井納に打たれた一球です。

6回 104投球 6被安打 5奪三振 4四死球 3失点

 

堂林はまた好調モード突入!

先制HRのバッティング見ましたか?
あれは4割をキープしていた絶好調時によく観たバッティングでした。
これで9試合連続ヒット継続で、明らかに好調モードに突入しているようです。
そんな雰囲気を察知してか、第2打席は申告敬遠されました。
第3打席の粘って粘っての四球もお見事です。

石原のアクシデント

一塁に全力疾走する際に足にアクシデント発生。
ベース手前での転倒の仕方もそのアクシデントの重大さを物語っていた。
画面から伝わってきたのは、決して軽傷ではない模様。

実戦不足というか、走り込み不足というか、それでも打球が打球だっただけに、かなりの全力疾走をしたということです。
おそらく明日登録抹消になるほどのケガでしょう。

鈴木誠也の打席での迷い

打率など数字だけをみれば、鈴木誠也に物足りなさを感じるファンは少ないでしょう。
それでも、ここ最近の打席での中途半端なバッティングを見ていれば、4番としての期待に物足りなさを感じているファンは少なくないと思います。

あっさりと見逃し三振をしてしまったり、中途半端な振りで三振してしまったりの姿を多くみている気がします。
チャンスでポップフライを打ち上げる姿も最近よく目にします。

今日のような試合で、鈴木誠也らしさを見せて欲しかったので、余計に物足りなさを感じてしまった。

 

 

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 阪神
森下 西勇輝

カード初戦を九里投手でことごとく落とす3連戦ではなく、安定感抜群の森下投手でことごとく勝っていく3連戦にして欲しいです。

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事