【カープ3連敗で秋風】監督が変わるとここまで弱くなるのか
スポンサーリンク

【カープ3連敗で秋風】監督が変わるとここまで弱くなるのか

遠藤投手の課題露呈

遠藤投手は直近3試合見ても、先発として6回または7回をしっかり投げて試合を作れています。
課題は立ち上がりで、いずれも初回ないしは2回に失点をすることが多いのですが、何とか修正できています。

その立ち上がり、がっかりでしたね。
初回に4与四球。
1失点にとどめたけど、そのあとはさっぱりでした。

横山コーチの談話では、試合前はかなり調子が良かったそうです。
そういわれても、結果は散々でした。

中継ぎ陣崩壊

遠藤を継いだ、薮田-ケムナ-島内-菊池保-塹江と5投手。
誰一人として3者凡退で抑えることが出来ませんでした。

これでは流れをこっちに引き寄せることは出来ません。
特に、長野の逆転2ランでようやくリードした直後のケムナ。

ベンチをちらちらと見る表情に、自信なさそうに映りました。
結果、逆転を許してしまい、それ以後こちらに流れを呼び戻すことは出来ませんでした。

監督が代わるとこんなに弱くなるのか

あまり監督批判はしたくないのですが、このところずっと頭をよぎるのが、監督が代わるとこんなに弱くなるのか?という気持ちです。

投手出身の監督だけに、投手起用の妙を期待していたのですが、ここまでは期待外れです。
また緒方監督時代の用兵術と佐々岡監督の用兵術は違いますね。

今日もメヒアをスタメンに起用しているのを見て、失敗しなければいいのにと思ってみていました。
とにかく走者を置いた時のメヒアは打てません。
今季、走者を置いてヒットを打ったのって片手で足ります。
昨日確かにマルチだったけど、メヒアの起用のしどころが間違っている気がします。

もし緒方監督だったら、メヒアをここまで起用しているでしょうか。

今日はここまでにしておきます。
秋風が涼しいどころか、とても寒く感じるようになった一戦でした。

 

今日の試合クローズアップ

遠藤投手の立ち上がり

とにかくストライクが入らない時点で、またかと思ってみていました。
悪い時の遠藤投手でした。

3回 79投球 4被安打 1奪三振 5四死球 4失点

3回で降板したけど、これまでも中盤は立ち直りを見せてきたので、先発陣が苦しいので、投球数100か5回までは投げさせるかと思っていました。

 

長野の逆転2ラン

一時は逆転となる2ランを放った長野選手。
8月の好調時に比べれば落ちたけど、疲れがたまっているんでしょう。

積極的休養をとりながら、うまく起用していってほしいです。

塹江の起用

9回に塹江がマウンドに上がった時、ある面驚きました。
まだ試合を棄てていないという、ファイティングスピリットを見せたのでしょうか?
なにかが違うんです。
佐々岡監督の用兵術が、とにかくおかしいと感じています。
あそこで、塹江まで投入する気持ちであれば、それまでの継投も違ってた気がします。

1点リードした時点で、8回塹江、最終回フランスアと考えれば、6回のケムナ続投はなかったと思います。
1回を全力でぴしゃりと抑えてもらうような継投であれば、もしかしたら勝機は見えていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 DeNA

台風接近のため中止が決定しています

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事