【カープ菅野の連勝止めれず】鈴木誠也に厳しく苦言を呈した解説の野村謙二郎氏
スポンサーリンク

菅野を追い詰めたけど菅野にねじ伏せられた

菅野投手の連勝記録をストップするのは

リーグ優勝の夢も無くなり・・・。
いくらまだ数字上の可能性は残っているとはいえ、それはもう無理です。

私たちファンとしても、何をモチベーションにして観戦すればいいのか、それすらの目標も失っています。
そんな中で、今日の試合は連勝を続けている菅野投手をストップすることでした。
初回、いきなり1点先制して、遠藤投手の課題の立ち上がりも1・2回とゼロに抑えて上々の滑り出し。

カープの打者の当たりもよく、比較的菅野投手の投球数も多く、今日こそ菅野投手をストップするのではないかという雰囲気が漂い始めたのに・・・。

遠藤投手の制球難

3回の先頭バッターを歩かせたところから崩れました。
この回、死球も与えてしまい、この2人の打者が得点になってしまいました。

この回、被安打は1なのに2失点。
要所で1塁ランナーを走らせて、ダブルプレー崩れの間に得点を奪うなど、原采配も憎らしいほど見事です。
佐々岡監督にも、ああいう積極采配しかけて欲しいんですけど。

再三の好機をつぶす

5回ノーアウト2・3塁も
7回ノーアウト1・2塁から1アウト満塁のチャンスに広がるも
8回1アウト1・2塁も

あと1本が出ず、すべてのチャンスをつぶしてしまいました。
それにしても、相手のチャンスには、そのあと1本がよく出ます
投手力の違いまざまざ見せつけられた感じです。

こうなれば、明日明後日と勝って、このカード勝ち越しすることをモチベーションに応援します。

 

 

スポンサーリンク

今日の試合クローズアップ

遠藤投手まずまずだけど

遠藤投手は数字だけ見れば、そんなに悪いという訳でもないけど、ボール先行が目立ちました。
2ボールノーストライクとなるケースが多く、それでも何とか抑えましたが、3回の2つの四死球が全てでした。

5回 84球 4被安打 4奪三振 4四死球 3失点

まだまだ球数的に、もう1~2イニング投げてもらいたかったけど、5回に打順が回って代打を出されての交代です。

5回裏ノーアウト2・3塁の好機も逃す

5回裏ノーアウト2・3塁のチャンスを迎えて、1番に打順が回る絶好機。
2点ビハインドで、大盛、田中広が三振しない限りは1点くらいはとれるだろうと見ていました。

ところが、ここでもう一段ギアが入った菅野投手。
最悪の2者連続三振で2アウトに。

それでも、3番鈴木誠也が何とかしてくれるだろうと期待していたけどあえなくライトフライに倒れてチャンスをつぶしてしまいました。
それにしても、あそこでの菅野は敵ながら圧巻のピッチングでした。

解説の野村謙二郎氏が鈴木誠也に苦言

5回の打席で見逃し三振に仕留められた鈴木誠也に対して、解説の野村謙二郎氏が厳しく苦言を呈しました。
あれだけはっきり苦言を呈することが出来るのは、解説者では野村謙二郎氏くらいではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 巨人
野村 田口

先週と全く同じ先発対決。
前回の野村投手、3回で降板と散々だったけど、今度はマツダスタジアムでふがいない投球は見せられないでしょう。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

おすすめの記事