【カープ波に乗れず】終わってみれば9連戦は5勝4敗-そのうちK.ジョンソンで2敗は想定外-
スポンサーリンク

カープ 終わってみれば9連戦は5勝4敗

この9連戦、すべてのカードで初戦に勝利。
そして、ヤクルト、阪神には、2戦目も勝利して、3タテもあるのではというくらい好調の波に乗ってきたと思っていました

今回の中日戦も、初戦を取り、ここまで5勝2敗で、一気に借金返済モードに入ったと期待していたのに、2連敗。
あんなに好調の波を感じていたのに、終わってみれば5勝4敗。

この4敗の先発投手の内訳は次の通り。

K.ジョンソン  2試合
遠藤      1試合
野村      1試合

いくらジョンソンが今季調子が上がってこないとはいえ、そろそろ勝ち頃だと思っていたので、1つは勝てると期待していたのですが、今日は相手先発・柳の好投にしてやられた感じです。

いくら最下位とはいえ、相手の中日は前のカードで首位巨人相手に2勝1分けと調子は良かったです。
今日の解説の前田智徳氏も言ってましたが、最下位でもまだ借金6です。

上ばかり見ていたら、気づけば0.5ゲーム差で後ろから竜の息遣いが聞こえてきました。

今日の試合クローズアップ

K.ジョンソン今季初勝利ならず

今日の立ち上がりはよかったから、今日は勝ち投手になれそうな雰囲気がありました。
ところが4回先頭の福田にストレートの四球。
今季のジョンソン、こういう不用意な四球を与えてしまい、球数も重ねていく試合が多いです。

問題はこのあとワイルドピッチになったところ。
あそこを会沢が止めていれば、また違った展開になったかもしれません。

打線いじくりすぎ

あれだけ好調の長野をスタメンに起用せず。
確かにベテランで、このところずっとスタメン起用されて、お疲れなのかもしれないけど、明日試合がないんだから起用して欲しかったです。

代わりに出場したピレラが機能すればよかったんですけど、結果は4タコ。
3番堂林と長野、相手にとって嫌なのは、今は長野です。

堂林選手の状態

好調な時は早いカウントでどんどん振ってきていました。
打率が急降下し始めて、やたらと三振が多くなったのですが、ぽんぽんとすぐにストライクを先行されて、自分のバッティングが出来なくなりました。

誰が見てもそうなので、今度は早い段階で振りに行くのですが、狙い球を絞って触れていないので、どうしてもボール球にも手を出してしまい、カウントを悪くしています。
かなり焦りも出て来ているようなスイングです。

この状態から抜け出すためには、やはり1本のヒットからですが、明日の休養でしっかり体と心も休めて欲しいです。

カープはシャットアウト負けなし

順位は5位でも、チーム打率はリーグ№1.
そのため開幕してからここまでシャットアウト負けがありません。
あとはチーム防御率がよくなれば、チーム状態はあっという間によくなると思うのですが、なかなか思うようにならないです。

今日の敗戦の中に見えた希望の光は島内投手

中継ぎの島内投手ですね。
今日も1回無失点。
1安打されたけど、コースヒットです。

それよりも、このところの奪三振率がすごいです。

-直近6試合の奪三振数-(今日の試合含みます)

投球回数 7回1/3  被安打は今日の1本のみ 13奪三振 3四死球  失点ゼロ

この数字をみれば、信頼感は増すばかりです。
これから勝ちパターンで登板してきて、どれだけのピッチングができるかに注目が集まります。

スポンサーリンク
おすすめの記事