【カープ6連勝】今季ローテーション守り抜いた遠藤投手の集大成の投球「(意識)しちゃいました」
スポンサーリンク

カープ遠藤投手プロ初完封ならず「(意識)しちゃいました」

先発投手陣好調

今シーズン終了間際、ここに来てカープの先発投手陣が好調です。
ひと頃のように5回持たずに降板することなく、先発としての責任回数を投げ切っています。

それとともに、チームの勝率も上がりました。
エース大瀬良投手、野村投手が離脱、ジョンソン投手が不調で1勝もできない苦しいシーズンでした。
シーズン前には予想できなかったローテーションとなっていますが、よく戦ってくれていると思います。
カープ投手陣の選手層の厚さと期待通りのパフォーマンスを、ここに来てやっと発揮できるようになりました。

-開幕直後の先発ローテーション-

大瀬良-床田-森下-K.ジョンソン-九里-遠藤

-現在の先発ローテーション-

九里-遠藤-薮田-床田-森下-中村祐

 

遠藤投手完璧

遠藤投手の課題は立ち上がりと制球力。
序盤を抑えることが出来れば、中盤はこれまでの試合もいい投球をしていました。

そんな課題を無難に切り抜けることが出来れば、期待以上の投球をしてくれるのが遠藤投手。
今日はそんな彼の投球が見れました。
というか、完ぺきな投球で、今シーズンの集大成を見せてくれました。

今日の試合の実況と解説

今日の試合はマツダスタジアムでの広島東洋カープの主催ゲーム。

試合中継は、J-SPORTS1ではなく、BS-TBS、TBSチャンネル1でした。
そして実況と解説は・・・

解説:川口和久、実況:戸崎貴広(TBS)

戸崎さんの実況はいつもミスが多いです。
それより何より、カープの攻撃中も巨人の話題を川口市に振りまくり、川口さんは試合の展開に関係なく、巨人の情報を喋り捲るという中継はいつも通りなんだけど、カープの主催ゲームなのに、まるで東京ドームでの試合を見ているような中継はいかがなものでしょうか?

 

今日の試合クローズアップ

遠藤投手は今季の集大成のピッチング


もしかしたら、今季最終登板になるかもしれない試合で、プロ初完封はならなかったけど、それでも遠藤投手の今季の集大成ともいえる投球を見せました。

9回  125球  4被安打 7奪三振 1四死球 1失点

ヒーローインタビューでは、完封勝利を「(意識)しちゃいました」と本音をポロリ。
よほど完封を逃したことが悔やまれるのか、お立ち台では少し放心状態だったかもしれません。

インタビューアーの質問を聞き直す場面も。
そして最後には、残り4試合なのに「残り5試合勝って全勝で終りたいと思います」
インタビューアーに「残り5試合?」と聞くも、インタビューアーからの訂正もないハプニングでした。

スポンサーリンク

今日のヒーローインタビュー

今日のヒーローは、惜しくもプロ初完封を逃すも、2度目の完投で今季節目の5勝目をあげた遠藤投手でした。

完封を意識したか?という問いに対して「しちゃいました」
そんなヒーローインタビューは下記記事にて全文紹介しています。

 

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 巨人
薮田 サンチェス

シーズン終了間際になって、先発投手陣が引き締まってきました。
その中で、野村投手の離脱で空いた谷間で、薮田投手も存在感を示してくれています。

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事