カープ先発投手予想-2019年7月30日~8月4日-
スポンサーリンク

カープの先発投手予想(2019年7月30日~8月4日)

テレビやスポーツ紙などの報道と、直近の先発ローテーションと投球内容を基に、予想しています。
あくまでも予想ですから、広く温かい目で参考程度にご覧頂けると嬉しいです。
特に、相手チームの先発投手予想はかなりあいまいですので、お許しください。

7月18日時点で首位巨人とは12ゲーム差。
そこからカープの逆襲が始まり、9連勝。
巨人の失速も重なり、11日間でゲーム差は一気に5ゲームまで縮まりました。
予想以上に縮まった感がありますね。
ここからは、これ以上離されることなく、食らいついて行って欲しいと思います。
そんな巨人との直接対決から6連戦がスタートします。

対巨人戦 7月30日~8月1日(東京ドーム)
7月30日 モンティ―ジャ (山口)
7月31日 ジョンソン  (古川)
8月1日  野村     (メルセデス)

12ゲーム差で迎えた前回。
1度でも負けると自力優勝の可能性が消滅する崖っぷちでの戦いでしたが、見事3タテ。
一気にゲーム差を3縮めて、9ゲーム差まで持って行きました。

今回の3連戦は、前回とは違い3連勝しなければいけないという崖っぷち感はありませんが、
それでも勝ち越しは絶対に決めて欲しいところです。
なぜなら、1勝2敗ですと、確か自力優勝の可能性が無くなると思います。

それだけに大切な初戦の相手先発は山口投手。
今一番巨人の中では安定している先発ですから、かなりシビアな戦いが予想されます。
こちらも信頼おける先発を立てたいところですが、予想はずばりモンティ―ジャ投手。
ローテーション的には、前回はアドゥワ投手でしたが、ぴりっとしない登板が続いています。
あと先日7月28日の対ヤクルト戦でベンチ入りしていたので、彼の先発はないと予想しています。
モンティ―ジャはまだ未知なる戦力ですが、期待はデータがあまりないというところ。
巨人打線が打ちあぐみ、カープ打線が山口投手から先制点を奪えば面白い展開になります。

この初戦はかなり大きな一戦になりますから、必ず初戦を取りに行くということで、ジョンソンの中5日の登板ももしかしてあるかもしれません。
もし初戦を取れれば、一気に巨人に追いつくことが出来るだけに、明日はかなり大注目となります。

対阪神戦 8月2日~4日(マツダスタジアム)
8月2日 大瀬良  (高橋)
8月3日 床田   (西)
8月4日 九里   (岩田)

今の阪神、強いのか弱いのかわかりません。
ただまだまだ上位へのモチベーションをしっかり持っているチームですから不気味です。
前回3タテ食らった相手ですから、ここは最低でも勝ち越し、もしくは3タテ返しして欲しいです。
初戦はエース大瀬良投手。
前回は勝利したけど、まだまだ本来の投球が出来ていない様に思います。
大瀬良が本来のしっかりした投球をしてくれないと、カープの逆襲はありえません。
相手の先発投手を見て、そんなにシビアな戦いになる相手ではなさそうですから、ここは打線にしっかり頑張ってもらいたいですし、マツダスタジアムのファンの大声援でバックアップして欲しいですね。

カープファンの鯉言
前回、私が立てた机上論です(7月22日現在のものですが)
8月27日からの東京ドームでの直接対決までに、目指したいゲーム差は最大2ゲーム差。
7月23日~28日6連戦終了時点、8ゲーム差。
7月30日~8月4日6連戦終了時点、7ゲーム差以上のようなことを書いてました。
そして7月29日現在、首位巨人とは5ゲーム差。
予想以上に縮まりました。
そして、明日からは巨人との直接対決。
もしかしたら、2ゲーム差まで縮めるチャンスかも知れないし、8ゲーム差まで広がってしまうかもしれない3試合。
9連勝の勢いがあるから、ここは一気に縮まりそうなムードがありますが、じっくり焦らず確実に2勝1敗と勝ち越してもらって、1ゲームずつじわり縮まるといいと期待しています。
あまりに勢いよく縮まったので、上方修正しときますね。
ここまであまりにも出来過ぎで縮めてきていますので、焦らず1ゲームずつ。7月30日~8月4日6連戦終了時点、4ゲーム差
8月6日~14日9連戦終了時点、3ゲーム差
8月16日~18日3連戦終了時点、3ゲーム差
8月20日~25日6連戦終了時点、2ゲーム差
そして、8月27日から東京ドームで直接対決となります。
8月16日からの3連戦で、本当は1ゲーム縮めてもらいたいけど。

スポンサーリンク
おすすめの記事