佐々岡監督「坂倉には会澤を脅かして欲しい」-安仁屋氏との新春対談で語る-
スポンサーリンク

佐々岡監督が安仁屋宗八氏との新春対談で語る-野手編-

デイリースポーツの新春特別企画で、広島東洋カープ20代目の監督に就任した佐々岡監督と、デイリースポーツ評論家の安仁屋宗八氏との新春対談が実現しました。
セリーグ覇権奪回に向けて動き始めた佐々岡監督、安仁屋氏は53年ぶりとなる投手出身監督に大きな期待を寄せています。
先日までに、スポニチの新井氏との新春対談記事の抜粋をブログにしましたが、それと読み比べるといいと思います。

捕手について

(安仁屋氏)「捕手については。会沢を筆頭に磯村、坂倉、そしてベテラン石原もいる」
という問いかけに対して
坂倉が秋のキャンプで打力で伸びてきている面があるので、何とか使えるというところにいってほしいなと。基本は会沢が中心になると思いますけど、坂倉には会沢を脅かすような存在になってほしい

(中村奨成について)
秋では頑張ってましたからね。オフの課題も与えた中で、この2月にどういう形でキャンプに入ってくるか

対談の中では、昨季バッティングでアピールした磯村のことは出てこなかったけど、坂倉のかなり成長を感じさせる言葉にかなり期待させます。

攻撃について

誠也の前後をしっかり打てるバッターが重要になってくるんじゃないかなと。
1点を取る野球、1点を守る野球、カープ野球を継承しつつも、やっぱり打たないと勝てないというのを昨年感じたので。

長打は相手にダメージを与える。
誠也の前後にもホームランを打てる、長打を打てるバッターが欲しいと思います

このあたりはスポニチでも熱く語られていましたから、誠也の前後を打つバッターを誰にするかにかなり集中しているようです。
特典力にも大きく反映されますからね。

誠也の前後、3番5番について

松山の不調も響いたと思いますし、田中の不調もあった。
ただ、今の時代は2番に長打を打てるバッターが入ったりもするので、4番にそこまでこだわるべきかは分からないですけど、オーソドックスであれば4番を軸に3、5番のバッターが重要になるんじゃないかと思います

5番は、ある程度、固定はしたいんですけど、相性とか左右の問題もあるだろうし、体調面も含めて、いろんなデータをそろえた上で考えないといけない。基本はメンバーを固定できたら強いと思いますけど
攻撃と守備は高ヘッドを中心に、打撃に関しては朝山コーチともコミュニケーションを取りながらやっていきたいと思っています

3番5番の具体的な名前は、デイリースポーツでは出ていませんが、スポニチでは、
3番西川、5番松山に期待をかけているような言葉が出ていました。
個人的には、會澤の長打力も5番候補です。
また、新外国人のピレラの打力にも注目ですね。

補強について

他の5球団の補強のことより自分のところの方が…(苦笑)

各球団とも外国人を中心に補強しているけど、うちも外国人は取ってるわけだし、実際に見てみないと分からないこともある。他は他で、まずは自分のチームというところです

新外国人選手については、スポニチでは、野手のピレラよりも、DJジョンソンとスコットにかける期待の大きさが伝わってきました。
さすが、投手出身監督ならではの注目です。

佐々岡監督が語るまとめ

今の段階では先発もいろんなピッチャーがいるし、後ろも数はいる
野手もセカンドの菊池が残ってくれたのはとても大きい。
外野にしても誠也、西川、長野がいて、野間も秋のキャンプでは良かった
そういう面では楽しみな部分は十分あると思います。不安もあるけど。期待もしっかりあります」

カープは、佐々岡監督の言う通り、他球団と比べても、選手層は厚いです。
ある程度、選手が離脱したくらいなら、十分にカバーできる戦力が揃っています。
それだけに、ファンにとっても、今季もまた楽しみなシーズンです。
もちろん、十分に優勝を狙える戦力です。

これから評論家による順位予想が並びますが、カープの前評判は昨年までと比べては、そう高くないはずです。
あくまでも、前年優勝チーム、またはAクラスのチームが上位に予想されるはずですが、カープファンは少し余裕で見ておけばいいでしょう。
本当の強さは、シーズン入ってから見せてくれたらいいですからね。

スポンサーリンク
おすすめの記事