【情報追加】カープ練習見学企画「マツダスタジアムを見に行こう」写真を見て気になったこと
スポンサーリンク

カープ練習見学企画「マツダスタジアムを見に行こう」

いよいよ今日からカープは全体練習を再開しました。

佐々岡監督の談話は開幕に向けた意気込みが伝わってくるものでしたね。

「みんな元気な顔をしていた。みんなで練習できるという喜びを感じています」
「やっぱりファンあってのプロ野球。(開幕が)待ち遠しい、野球が見たいという気持ちをすごく持っておられると思う。開幕した日には、良いプレーを見せたいと思っている」

それに合わせて、「マツダスタジアムを見に行こう」と題した練習見学企画が実施されました。
事前に抽選で選ばれたファンがマツダスタジアムに招待され、スタンドやコンコースから練習を見学しました。

事前に情報としてありましたが、一部の売店も営業を再開し、報道される写真には売り子の姿も確認できました。

まずは第1歩踏み出した感があって嬉しいです。

スポンサーリンク

練習見学を報道する写真を見て気になったこと

今日招待されたのは最大500名までのファンと言うことでしたが、スタンドの風景を見る限り、ガラガラ状態。
500名は来場していないと思うけど、これなら台湾プロ野球で観客試合をスタートさせた時点の1000名どころか5000名くらいでも十分ソーシャルディスタンスは保てるように感じました。

あと1つどうしても気になった写真があります。
スポーツ報知の写真ですが、その写真は>>>こちらから

先日も今回の練習見学企画についての対策とルールについて説明していました。

□招待の対象は広島県民のみ(他県からの越境については自粛を講じています)

□マスク着用

□入場口で体温チェック。37.5℃以上の場合は、同伴者も入場不可。

□客席は中段より後方に指定

□4名1組に20席を配置して、それぞれの距離間を保つこと

□球場スタッフはフェイスシールド着用

□球場内の手すりなどは定期的に消毒

□選手との接触機会はなし

その中の「客席は中段より後方に指定」という対策について、各スポーツ紙の配信写真を見ると、テープが張られていてスタンド前方には行けないように対策されているようです。

ところが、このスポーツ報知の写真では、そのテープを無視して、グラウンドのフェンスまで降りて見学しているファンが写っています。
それもこの写真で見る限り全員大人。

手前に写っている親子とみられるファンは、きちんとテープの後方に着席して見学されているのに、その前方のファンの姿にとてもがっかりしています。

まさか関係者ではないと思うのですが、せっかく球団がファンのためにと企画してくれた中でのルールが守られていないようです。

<5月22日追記>
という投稿を先日していたのですが。実際に練習見学をされていたファンの方から情報を頂きました。

写真に写っている規制より前列の方は、球団関係者と思われます。
ルールを守らない人は見かけませんでしたが、警備されている方が常に確認されてました。

情報頂いたamizoさんありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事