8/23対巨人戦【今日は投打のヒーロー】塹江投手、坂倉選手のヒーローインタビュー全内容
スポンサーリンク

今日の投打のヒーロー 塹江投手と坂倉選手のインタビュー全内容 

-ヒーローインタビュー内容-

放送席、放送席、ヒーローインタビューです。
今日のヒーローお二人です。
勝ちパターンとしてナイスピッチングを今シーズン展開しております塹江投手、そして決勝ホームラン、坂倉選手です。
まずは塹江投手からお話を伺ってまいります。
今日は同点の場面、8回にマウンドに上がりました。
どんな思いでマウンドに立ったんですか。

-塹江投手-

この場面で投げることが増えてきて、今日も変わらず、しっかり1人1人を打ち取っていくっていう気持ちで上がりました。

2アウトを取った後、ランナーを出すケースがありました。
そのあたりの思い、どんな感じだったんですか。

-塹江投手-

そうですね。
3人で切って帰りたかったんですけど、フォアボール出して、ヒット打たれてピンチになってしまったんで、
本当に1人、何とかアウト取ろうと思って投げました。

 

最後はピシャリとゼロに抑えました。
いい流れを作れたんじゃないでしょうか。

-塹江投手-

そうですね
中継ぎの仕事っていうのは、先発ピッチャーが作ってくれた流れを繋ぐことだと思ってるので、できて良かったです。

 

その流れで言いますと、遠藤投手のそのピッチング、どのように見てましたか。

-塹江投手-
遠藤もピンチもあったと思うんですけど、いつも若いのにすごく粘って投げてるので、負けてられないなと思って投げました。

 

そして8回、坂倉選手のホームランをどのように見てました。
-塹江投手-
いやぁ、すごいなあと思っていました。
さあ、その「すごいな」という一発を放ちました坂倉選手にもお話を伺って参ります。
-坂倉選手-
はい。
同点の場面の8回、先頭バッターで登場。
どんな気持ちで打席に入ったんですか。
-坂倉選手-
塁に出ることしか考えてなかったです。
大竹投手の初球からいきましたね。
-坂倉選手‐
はい。もう、振っていかないと打てないと思ったんで、初球を振ることを決めて打席に入りました。
打った手応え感触等々いかがでしたか。
-坂倉選手‐
あの、芯に当たったので、飛べ~と思っていました。


そして、先発遠藤投手の好投も光りました。
塹江投手の好投もありました。

ピッチャー陣をどのようにブルペンで、そしてベンチで見てましたか。
-坂倉選手-

そうですね。
やっぱり遠藤も塹江さんも、ピンチになりながらも、強い気持ちを持って投げてたと思うので、
その勢いのまま、強い気持ちで行かせていただきました。

 

そして一昨日、昨日連勝、今日も勝って首位ジャイアンツに3連勝。
坂倉選手、ベンチのムード等々いかがでしょう。
-坂倉選手-
いやもう本当に、みんなが勝つという気持ちを持って1試合1試合臨んでるので、そういうみんなの思いが一つになって、こういう試合ができてると思います。

 

では、お1人ずつ今後に向けての決意を伺ってまいりたいと思います。
今日も夏の思い出をたっぷりと胸に秘めてこれから家路につこうというカープファンがたくさんいらっしゃいます。
では、坂倉選手からお願いいたします。

-坂倉選手‐

遅くまでありがとうございました。
厳しい状況かもしれないですけど、みんな勝つという思いでやってます。
また熱い声援をよろしくお願いします。

 

では、塹江投手お願いいたします。

-塹江投手‐
いつも応援ありがとうございます。
チームの勝利に一つでも多く貢献できるように頑張りますので応援よろしくお願いします。

ありがとうございました今日のヒーロー、塹江投手、坂倉選手でした。

-TBSチャンネル2 プロ野球中継-

スポンサーリンク
おすすめの記事