【カープ広島にとっては特別な一戦に勝利】プロ初1軍スタメンの羽月と実績ある松山選手のヒーローインタビュー全文
スポンサーリンク

カープの次世代セカンド候補 俊足巧打の羽月がプロ初1軍スタメンで躍動

今日は先発森下投手でもなく、鈴木誠也の代わりで入った4番松山の3ランを含む4打点のバッティングでもなく、間違いなくカープファンをうならせたのが、プロ入り初の1軍昇格で、即スタメン起用された羽月選手でした。

菊池に代わる次世代セカンドの候補として、堂々とカープファンに名乗りを上げた試合になりました。
元々、ファームでは昨季から注目される存在でした。
ここのブログでも、その存在についての記事を書いていました。

-合わせて読みたい記事-

そんな羽月が今日1軍に昇格してきて、即スタメンで躍動しました。
物怖じすることなく、そのハツラツとしたプレーは、多くのカープファンの注目を一気に浴びることになりました。

彼の活躍は、間違いなくカープの戦力の底上げにつながります。
なぜならば、羽月選手の活躍に触発された選手は多くいるからです。
「早く1軍で活躍したい」と決意を新たに、さらなるカープの若い選手たちの台頭と躍動が続くことを願っています。

 

これでカープは、先のヤクルト戦に続きカード初戦を取りました。
この調子で、同一カード3連戦をしっかり勝ち越し続けて、まずは5割に復帰することです。
明日勝てば、勝率では劣るものの阪神とゲーム差で並びます。
大瀬良投手の復活に期待です。

 

今日の試合クローズアップ

スタメンを聞いて驚いた

菊池が外れて今日昇格したばかりの羽月スタメン
鈴木誠也が外れて野間がライト
そして4番は松山を起用

この佐々岡采配がずばり的中するんです

2番セカンド羽月  4打数2安打 3打点
4番ファースト松山 5打数3安打 4打点
8番ライト野間   4打数2安打

プロ初1軍即スタメンの羽月が躍動

プロ初のスタメンに委縮することなく躍動した羽月。
第2打席でプロ入り初ヒットを記録して、何といっても5回のタイムリー3塁打は試合展開からして大きな1本でした。

こういう選手が結果を残すと、若手選手の大きな刺激となります。
途中出場の大盛選手もタイムリーを放つなど、カープの若鯉がハツラツです。
今一番刺激されているのは、1軍昇格してまだプロ初ヒットが出ていない中村奨成だと思います。

堂林の打率が急降下中

気がかりなのが堂林のバッティング。
打席での余裕がなくなっています。
表情も心なしか精彩を欠いてきています。
狙い球が絞れていなくて、思い切りバットを振れていない打席が続いています。
ただアウトコースを追いかけなくなっていますので、兆しは見えてきていると思います。

1本のヒットで調子が戻りますから、それに期待しています。

田中広輔と菊池の状態が上がれば

今日は菊池がスタメンを外れて、代わりにスタメンに入った羽月が活躍。
相手先発が青柳投手ということで田中広輔はスタメンだったけど、バッティングの状態は上がらず。

そして守備も肩が強くないから、ちょっと緩いゴロや、左右に振られたゴロの時は、間一髪のプレーが多いのでちょっと不安をもって見ています。

三好がショートに入った時の1塁への送球を見ると、惚れ惚れするような矢のような送球とどうしても比べてしまいます。

大量リードなのに中継ぎ陣の不安露呈

7回からの継投、高橋樹也は先頭の近本のショートゴロをしっかり田中がアウトに仕留めていたらと思うけど、調子は悪いです
直近6試合で、実に5試合で失点していますので、僅差の試合では起用しにくいです。

このところ不安だった一岡は、ヒヤッとしたあたりはあったけど、3者凡退でリセットできています。DJは、まだ僅差では不安ですが、こういう1試合1試合で信頼度アップ期待しています。

 

スポンサーリンク

今日のヒーロー 羽月、松山選手のインタビュー全内容 

-ヒーローインタビュー内容-

放送席、そしてカープファンの皆さま、ヒーローインタビューです。
今日のヒーローはお二人、初物づくし、羽月隆太郎選手、そして今季初の猛打賞松山竜平選手です。

さあ、まずは羽月選手伺いましょう。

この数十時間に様々なことがあったと思います。今の試合を終えて率直なお気持ちを教えてください。
-羽月選手-
ずっと試合前から、試合も、そして今も、ちょっとまだ自分がマツダスタジアムで試合して、この場に立ってるっていうことがちょっと考えられなくて、とても・・・はぁ(興奮気味) ありがとうございます。


今のお言葉に全てが詰まっていると思いますが、まずは今日初めてスタメンが告げられたとき、どのようなお気持ちでしたでしょうか。
-羽月選手-
出るからには、絶対チームの勝利に貢献しようと思ってました。
そして、いきなり初回から打球が飛んでいきました。いかがでしたか。
-羽月選手-
すごく緊張しましたが、しっかり取りました。


さらには、初物づくし。
セーフティーバントで打点、さらには安打がつきました。決まった瞬間いかがでしたか。
-羽月選手-
自分の役割はやっぱ走ることなので、しっかり全うできたかなと思います。
さらには今日はたくさんチャンスで回ってきました。
3ベースヒット、3塁ベース到達した瞬間いかがでしたか。

-羽月選手-
頭が真っ白で、あんまりわかんなかったですけどうれしいです。
さあ、今日はマツダスタジアムでこの声援を受けての大活躍でした。
自己紹介も兼ねて、今後どのような選手に成長していきたいか、そして今1軍の舞台でどんな活躍をしていきたいか、最後にファンの皆様にお願いします。
-羽月選手-
2年目の羽月隆太郎です。
これから、ここで1試合でも多くチームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします。
ありがとうございました。
さあ続いては、実績十分です。今シーズン初めての4番で猛打賞松山竜平選手です。
まずは、ナイスバッティングでした。

-松山選手-
ありがとうございます。


今日のゲームでは、ルーキーの森下投手が、マツダスタジアムで初めての勝利をかけての登板でした。
先制点が欲しい中、初回から飛び出しましたね。
-松山選手-
そうですね。
最近ちょっとチャンスで打ててなかったんで、何とかランナーを返せるように、そういう気持ちを持って打席に入りました。
さらには試合前半、追加点が欲しい場面で飛び出した一発。
感触はいかがでしたか。

-松山選手-
そうですね。
正直、結構詰まってたんで、抜けてくれとは思ってたんすけど、入ってくれたんで本当に良かったです。


今日は実績のある選手、そして、若い選手の力が噛み合った、まさに一丸となったゲームでした。
今日のゲームを振り返っていかがだったでしょうか。

-松山選手-

そうですね。
本当に、この横にいる羽月も初めてとは思えないぐらい、度胸がすわってて、
ああいう場面でね、しっかりとセイフティバンドで
ランナーを進める、ランナーを返せることができるっていうのは本当にすごいことだと思うし、これからどんどん若手が育っていくっていうのは、チームとしてはすごくプラスになると思うんで、どんどん出て来て欲しいです。


さあ、そしてマツダスタジアムにはこうした声援があります。
今日はピースナイターとして行われた一戦でした。
広島にとっては特別な一戦。
今、広島の地で思い切り野球ができていることに松山選手自身、どのように感じていますか。

-松山選手-
本当に、しかもそのプロ野球の世界で、皆さんの前でこういう風に野球をやれてるっていうことはすごく幸せなことだと思うんで、それを噛み締めながら明日からまた頑張っていきたいです。


では、今日のゲーム、素晴らしい勝利となりました。
松山選手、ファンの皆様に、今後の戦いに向けて、最後に一言お願いします。

-松山選手-

まだチームはずっと下の方にいますけど、
どんどん勢いがついてくると思ってますので、皆さんも変わらず熱い声援をお願いします。
明日も頑張ります。


では、羽月選手も最後の一言お願いします。
-羽月選手-
明日も頑張りますので応援よろしくお願いします。
ありがとうございました。
今日のヒーロー、羽月隆太郎選手、そして松山竜平選手でした。

-J-SPORTS1 プロ野球中継-

 

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 阪神
大瀬良 西勇輝

コンディション不良で調整していた大瀬良の復帰登板。
どれくらい球威が戻っているか立ち上がりに注目です。

スポンサーリンク
おすすめの記事