佐々岡監督が考える来季先発候補の6人の投手とは
スポンサーリンク

カープ秋季キャンプで期待している選手

カープは現在秋季キャンプで来季を見据えて練習中です。
キャンプ参加していない選手は、大野練習場で練習をしています。

秋季キャンプに参加している選手は、来季に向けてステップアップを図る選手たちがほとんどですが、今季活躍できなかった松山選手や、今季ブレイクした西川選手、床田投手などもさらなる飛躍をかけて、もがいています。
若手中心で臨んだ10月のフェニックスリーグで躍動したカープ。
その波に乗って、秋季キャンプに突入した形で、充実した練習をしてくれています。

私が秋季キャンプで注目している選手は?
投手では、実績のある岡田、薮田投手の復活に期待。
今シーズンスタート時には、先発の一角を担っていた岡田投手
2度の先発も、期待に応えることが出来ず、ほとんどを2軍での生活を余儀なくされてしまいました。
あの力強い投球が出来る投手は、そうそうはいないので復活して欲しい1人です。
あとは、薮田投手
数年前のブレイクは何だっだといわんばかりのこの2年間の低迷ぶり。
確かに制球力に問題があるのかもしれませんが、私が思うのはメンタル的なところかと見ています。
2年前に15勝あげたシーズン終了してからの過ごし方かもしれませんが、彼が普通にローテーションに入って来てくれれば、カープの投手陣は一気にレベルアップします。

野手では、中村奨成選手
怪我などのアクシデントがあったけど、まだ期待通りの活躍が出来ていません。
彼にしては、ヤクルトの村上選手の今季の活躍を見て、相当悔しく見て、かなり刺激を受けているはずです。
フェニックスリーグから、スタメンでマスクをかぶる試合が多いので、この秋のキャンプは、プロに入って初めて充実した時間を過ごしていると想像しています。
彼はバッティングだけでなく、ソフトバンクの甲斐キャノンのような強肩ぶりを早く見たいと期待しています。

他にも、あげたらキリがありませんが、野間選手の打撃フォームの改造が功を奏するのか。また、林、正隨選手の長打力がどれだけ磨きがかかるのかにも注目しています。

佐々岡監督があげた先発候補の6投手

秋季キャンプ中の佐々岡監督に元カープOB山内氏がインタビューした中で、来季の先発ローテーションの候補があがりました。

大瀬良
ジョンソン
床田
野村
九里
アドゥワ

今季もローテーションを務めてくれた実績ある投手の名前をあげましたが、これにさらに付け加えたのは遠藤投手
ここでは名前が上がりませんでしたが、新戦力ドラフト1位の森下投手も候補に入るのでしょうが、あくまでも今季の戦力だった中での候補になのでしょう

全員が期待通りの活躍をしてくれれば、ローテーションは十分に回っていくのですが、決してその通りにならないのが長いシーズンでのやりくり。

大瀬良、ジョンソン、床田投手はほぼローテーションを守り切ってくれたけど、野村投手はローテーションから外れることが多かったです。
九里投手は、シーズン序盤は先発失敗が続いたけど、中盤以降はの活躍は見事でした。
今季活躍できなかったアドゥワ投手はまだまだ未知数。
遠藤投手はセットアッパーで経験を積んでくれましたが、1軍先発としては未知数。

もし、大瀬良、ジョンソン、床田投手がローテーションからはずれるようなことになれば、誰がカバーできるのかがまだわからないです。
佐々岡監督からは名前があがらなかったけど、今季何試合か先発した山口、モンティ―ジャ投手が食いこんでくれるのか?
あと、床田投手が復活してきたタイムスケジュールからして、どのタイミングで高橋昂也投手が出て来れるようになるのか?
そのあたりをファンとして期待持って見て行きたいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事