佐々岡監督が今季打線構想「4番は不動の誠也、野間の1番に期待」-新井氏との新春対談で語る-
スポンサーリンク

佐々岡監督が新井貴浩氏との新春対談で語る-打者編-

元日スポーツ紙のスポーツニッポンの新春特別企画で、広島東洋カープ20代目の監督に就任した佐々岡監督と、スポニチで評論家を務める新井貴浩氏との新春対談記事が掲載されました。
セリーグ覇権奪回に向けて、佐々岡監督の構想がいろいろと語られていましたので、まとめてみました。

菊池涼介の残留は大きい

菊池涼介がいるといないとでは全然違う。
万が一を考えて、堂林や小園をセカンドを守らせたり、広輔がリハビリから復活すれば、もう一度ショートを獲るという気持ちになるだろうし、そうすると小園をセカンドにとか、いろいろ考えた。

 

4番は誠也

(4番は)誠也にしたい。
4番は不動にして、前後を長打のある打者に入ってくれないかと。

打線構想について

1番に誰を置くかはまだ言いづらい。
いろいろな選択肢があって、広輔が帰って来てとか。
去年は、西川が1番を打っていたけど、彼の打力なら3番でも行けるかなとか。

秋のキャンプでは、野間の打撃が良くなっていたので、面白いかなとか。
秋は、バットの出方が違っていた。味方の若手が投げる紅白戦とはいえ、大きな一発を打ったし、左中間、右中間にライナー性のいい打球を打って、少し変わったなという印象。
1番に入ってくれれば、守りも安心できる

(新井氏の長野を開幕からなぜ使わなかったのかという質問に対して)
考え方はいろいろあるし、今はデータが豊富に出ているから、総合的な判断だと思うけどね。

今の構想としては、野間の1番に期待。
これがはまれば、機動力野球出来ると思うから、ほんと野間選手には期待に応えて欲しい。
田中広輔は今季開幕からは少し無理っぽい。
リハビリが終わって、交流戦までに出てくるか、オリンピック休みを経て出てくるか?
全ては、小園の調子次第です。
昨シーズンのような打率だったら、田中広輔にポジション奪われると思います。

長野選手の見方は、佐々岡監督もちょっと厳しいコメントに聞こえたけど。

佐々岡監督が期待する予想オーダーは

佐々岡監督の1番野間に期待というような気持ちを含めた予想オーダーは以下の通り。
(これは、あくまでも私の予想であり、佐々岡監督が掲げたものではありません)

1番 センター 野間
2番 セカンド 菊池
3番 レフト  西川
4番 ライト  鈴木
5番 ファースト松山
6番 キャッチャー會澤
7番 サード  ピレラ
8番 ショート 小園
9番 投手

もし上記の誰かにアクシデントがあっても、
内野には、田中広輔、安部、堂林、小窪などがしっかりいます。
打撃に課題はあるけど、守備固め要員として、曽根、三好もいます。
それから、期待の羽月の成長も期待され、1軍昇格を狙っています。

外野には、長野、高橋大がいますし、堂林も守れます。
また、捕手登録ながらも、外野には坂倉、内野でも磯村の起用も可能で選手層の厚さが光ります。

捕手は、今季もジョンソン先発の時には石原、あと磯村の3人がしっかりしています。
バティスタとの契約問題がどうなるかわかりませんが、ファーストに松山が回ると、外野が少し薄く感じられるかもしれません。

この予想オーダー、
野間の1番
新外国人ピレラの7番にまだ未知数の部分も大きいので、キャンプから開幕まで、どういう情報が伝わってくるのか、しっかりチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事