【10/18中日戦】相手より少ない安打で勝利「野球の醍醐味」野村謙二郎氏の解説語録
スポンサーリンク

野村謙二郎氏の解説語録 -10月18日-対中日戦(マツダスタジアム) 

今シーズン、私が大好きなプロ野球解説者の野村謙二郎氏の解説を毎回まとめています。
プロ野球解説者の中では、カープに関して的確な解説が多く、いつも納得して聞いています。
そんな野村謙二郎氏の解説の中から、ピックアップして文字起こしをしています。

合わせて読みたい記事

 

スポンサーリンク

10月14日の試合(対巨人戦) 野村謙二郎氏の解説語録 -ピックアップ-

好調の田中広輔について

トップの位置から、一直線でバットが出てくる。
だからテイクバック引いて打ちに行く瞬間に、無駄な動きがない。
よく野球をやっている方はご存知だと思うけど、波をうたない。
悪い時は、波をうっていくので、バットの上に当たったり、下に当たったり、芯に当たるのがずれるんです。

 

好調になってきた鈴木誠也について

本来の彼の状態に戻ってきんじゃないかなと思う。
とはいえ、悪いといっても3割は打っているんで、それだけ期待度が高いと言えるんですけど。

 

8回から継投したケムナについて

デビューしたての頃から考えると、格段によくなっていますよね。
勝ちパターンで投げれるようになったっていうのは、本人も意気に感じてマウンドに上がっているのではないかと思います。 

(格段に良くなったというところはどういうところに見ているのかというと)
角度があるということと、僕はケムナにしてもそうですけど、島内にしても、極端に言うと抑えが出来るようなボールを持っていると思うんですよね。
まだまだ精度をあげなきゃいけないし、投げるセットアッパーだったり、クローザーという経験を積んでいかないといけない部分があるとは思うんですけど、落ちる変化を持っていますよね。

それとスピードボールと、上背があるので角度から投げる160キロっていうのはなかなか打てないですよね。
まあ今シーズンは糧にして、もっともっと飛躍できるピッチャーじゃないかと思います。

 

10本ヒットの中日でなく5本のカープが勝利

投手陣は素晴らしいリレーだった。

打線の方は、野球って難しいなと思うのは、ランナーを出しても出しても点が取れない時、今日のように本当に効率のいいところで点が入る、ホームランだけでタイムリーが出ていない。

少ないヒットで、効率的に点が入る時は入るんだなっていうね。
ドラゴンズは今日10本です。
エラーがあったり、フォアボールが合ったりと、まあ野球の醍醐味ですかね。

 

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク
おすすめの記事