【9/25 対DeNA戦】4者連続見逃し三振を奪う圧巻の投球を見せた床田投手のヒーローインタビュー全文
スポンサーリンク

9/25 対DeNA戦 今日のヒーロー今季2勝目床田投手のインタビュー全内容

ヒーローインタビュー内容

放送席、そしてマツダスタジアムのファンの皆さん、
ヒーローインタビューです。
今日はなんといっても、この選手、今シーズン2勝目。床田投手です。

今拍手が起きています。どんな気分でしょうか?
そうですね。
正直、ほっとしてます。

今日は7回1失点、ナイスピッチングでした。

ありがとうございます。

 

投げていた感触、ご自身としてはどうでしたか。

真っすぐがすごい良かったので、長いイニング投げれたので良かったです。

 

7回は満塁で、一発出れば同点というシチュエーションでしたけれども、ソト選手との勝負、いかがでしたか。

もう絶対、点をやりたくなかったんで、必死に投げました。

 

あそこを最後打ち取ったのは、ツーシームですか。

ツーシームです。
変化球の切れ、今日はいかがでしたか?

真っすぐがすごい良かったので、変化球が生きたと思います。

 

その真っ直ぐということで言えば、5回ピッチャーにヒットを打たれた後、連続の見逃しの三振を奪いました。
あの場面どうですか。

まあ必死に投げていたんで、結果的に見逃し三振になったんでよかったです。
今シーズンは、2軍に落ちて少し苦しい時期もあったと思いますけれども、その時期、どんなことを見直して、それが今日のピッチングに繋がったと思いますか。
フォーム的な問題だったんですけど、何よりやっぱり1軍で早く投げたいと思って、一生懸命やりました。

 

今日はその1軍のマウンドでマツダスタジアム、1万5000人を超えるファンが、こうして戻ってきてのピッチングでした。
雰囲気いかがでしたか。

もうすごい力になりました。

 

こうした手拍子ですとか、あるいはファンの応援が、ピンチの場面でも後押ししてくれましたか。

もう自分の力以上のものが出せれたと思います。

 

今日は何といっても、打線も援護をしてくれました。
その打線についてはいかがですか。

もういつも僕が投げている時には、点を取ってくれてるんで、あとは自分が踏ん張れるかどうかだと思ったので、しっかり投げました。
シーズンはまだまだ続きます。
今日は連敗を止めるピッチングにもなりました。その辺の意識としてはどうでしたか。

もう僕が負けて、いつも誰かが止めてくれてたんで、何とか自分が止められるようにと思って投げました。


ぜひ、ここからまた床田選手の素晴らしいピッチングを見せて欲しいと思いますが、シーズンまだまだ続きます。

この先に向けて一言お願いします。
序盤ふがいないピッチングが続いたんで、後半、少しでも返せるように頑張りますので応援よろしくお願いします。
今日のヒーローは、今シーズンの2勝目、ナイスピッチングでした。
床田投手でした。
ありがとうございました。
 

-J-SPORTS1 プロ野球中継-

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

おすすめの記事