【カープ弱いのは見飽きた】佐々岡監督、ファンは勝つ野球を見たいし勝つ野球をして欲しい
スポンサーリンク

カープ4連敗 もう弱いカープ見飽きた

野村投手の不運

今日の野村投手、3回で降板したけどそんなに悪くはなかったです。
初回は無難な立ち上がりをしたものの、2回先頭の丸に対して0ボール2ストライクとすぐに追い込んだものの、結局は歩かせてしまいました。
ただ、四球を許した球はストライクに見えたファンも多く、東京ドームの天井カメラもベース上を通過。
高さは若干高めだったけど、高いということであれをボールと言われるのであれば、田口の投球も相当数ボールと判定しないといけないくらいに不満が残る判定でした。

あと、この回のヒット、完全に打ち取っている打球もあって、ツキから見放されていた感じです。
4回表に2アウト2塁の場面で打席が回り、メヒアを代打に出されてここで降板。

メヒアについては、あとで触れますが、ここは野村続投でもよかったのでは思っていたら、継投した島内が2失点を許してしまい、佐々岡采配は裏目に出てしまいました。

勝ちたいという采配なのか

4点ビハインドから、4回表に1点返した直後、4回裏にノーアウト満塁のピンチに、セカンドショートはダブルプレーシフトで、もう絶対に1点もやれないというシフトを取らなかったカープ。

岡本をダブルプレーに取って注文通りだったと思うけど、せっかく1点返した直後に、またすぐに1点追加されて4点リードにされ、さらに1点追加されてしまい、5点ビハインドに変わりました。

あの時、セカンドショートへの打球は、セオリーなんでしょうけど、試合展開からして1点やれらなかったはず。
佐々岡采配、こういった場面を何度か見ていて、ことごとく得点を許しています。
追撃ムードに水を差してしまい、がっかりでした。

今日の慰めは田口の完投勝ちを阻止したこと

負けた悔しさの中にも、ピレラの目の覚めるような一発で田口を引きずり下ろして、完投勝ちを阻止したことだけが唯一の慰めです。

東京ドームで3タテ食らう

もはや選手の表情見ても、アグレッシブさが伝わってこないカープ。
負けているからなおさらそう見えてしまうけど、三振しても悔しさ見せないし、淡々とベンチに帰っていく姿を見ているととても残念な気持ちになります。

今日巨人選手は、チャンスに凡退したり、三振したりすると、とても悔しい気持ちを見せていました。
モチベーションが下がっているのは仕方ないにしても、それでもファンはなんだかんだと言いながらも真剣に応援しています。

負けて何とも思わないファンなんていません。
もし、そんなことを言っているファンがいたとしても、本心ではありません。
みんなカープが勝つところを見たいんです。

 

スポンサーリンク

今日の試合クローズアップ

野村投手に不運な打球続く

序盤の安定感がある野村投手でしたが、3回で降板
そんなに悪くは見えなかったです。
2回の2失点は打ち取った打球が多かったのに、ツキが無かったですね。

3回  69球 7被安打 1奪三振 四死球 4失点

 

代打メヒアに絶望感

直近5試合だけ見ても、8打数ノーヒット。
今季得点圏での打席は21打数2安打。
1軍にいるのが不思議なくらいの成績。

メヒアより、ファームが頑張っている選手をあげて起用する方がよほど期待感があります。
残念だけど、今のメヒアがチャンスに打席に立っても絶望感しかありません。
もしかしたら、マツダスタジアムに戻る次カードで降格もあるのではないでしょうか?

鈴木誠也の復活無くしてチームも勢いが出ない

打席での姿見ていて、集中力を切らせているように見えます。
そんな姿を夏に入ったころから、ずっと続いているような気がします。

鈴木誠也の復活無くして、チームの勢いは出てきません。
祈る気持ちで、今は鈴木誠也のプレーを見ています。
打者はたった1本のヒットで何かをつかみます。
そして一気に調子が上向きます。
その瞬間を、毎試合期待して見ています。

 

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

おすすめの記事