【カープ勝てた試合落とした】防げた失点があったし大きなチャンスで凡退の田中広輔は残念
スポンサーリンク

カープ勝てた試合を落とした

今日はエース大瀬良先発。
相手は藤浪投手ということで、先発投手比較だけで、勝利期待度は高いと思っていたファンは少なくなかったはずです。

大瀬良投手の誤算

今季の大瀬良投手、序盤で崩れると修正できないまま早々に降板する試合が見られます。
2回松山の野選、スクイズを1塁へ悪送球と確かにツキはなかったけど、そこからの歯止めが効きませんでした。

3点ビハインドになった時は、藤浪投手相手にいいハンディと余裕を見せるカープファンもネット上にたくさんいました。
ところが、3回の2失点で、結局3回5失点で早々に降板は想定外でした。

會澤・田中広輔が全く機能せず

今日のスタメンを聞いて、首を傾げたファンも多かったはず。
バッティング好調の坂倉、昨日ヒーローの上本を推す声が多かったからです。

4回、5回のチャンスの場面、とにかく1本出ていれば全く試合展開は変わっていたはずです。
特に、田中広輔は打てなさすぎ。

勝てた試合を落とした

序盤に防げた失点があった。
最後まで、それが響いた。
大瀬良投手の後を継いだ、中継ぎ陣が頑張ってくれたけど、薮田投手が浴びた一発。
それも近本。
簡単に2アウトとったのに、近本にいきなり3ボール。
薮田投手によく観られるシーンです。
だから、京みたいな試合展開で彼がマウンドに上がっても不安がよぎるのはこういう姿をよく観るからです。
あの失点は追い上げムードに水を差しました。

スポンサーリンク

今日の試合クローズアップ

大瀬良投手誤算

初回を難なく抑えた時には、まさか3回で降板するとは思っていませんでした。
2回にまずい守備があって3失点したけど、3回には立ち直ってくれるはずでした。
ところが、3回にも2失点。

球威もあまりなく、この回でマウンドを降りたのは誤算でした。

3回 71投球 7被安打 3奪三振 1四死球 5失点

次回、13連戦で2回先発が予想されるので、その時には中継ぎに負担がかからないように期待しています。

堂林が足を捻った

堂林が守備機会で足をひねった。
グランドにたたずむ姿を見た時、ベンチに治療で下がる時に足をかばって歩く姿をみた時、交代だと思ったくらい少し深刻に見えた。
治療の時間に少しかかった時に、もしかしてそんなに重症ではないと期待した。
そしてグランドに戻ってきた。

これ以上、故障者は出せない。
その後は痛みに耐えてプレーしていたようだけど、本当に良かった。

松山の守備

2回のあの野選が無ければ、そしてスクイズ処理で1塁への悪送球が無ければ、3失点もしなかったかもしれない。
それでも、その分バットで返してくれた。
2打点。
ミスしたら、バットで取り返す。
それでいい。

田中広輔の起用

スタメンに起用するのはどうかと思う。
藤浪には右打者が有効だと思うので、昨日のヒーロー上本の起用だと思っていた。
今日もチャンスで全く期待に応えられず。
4回、5回と満塁のチャンスで迎えるも凡退。

打席に立っても、打つ雰囲気が伝わってこない。
打率.204。全く機能していない。

 

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 阪神
遠藤 秋山

ここ数試合の遠藤投手、かなり成長を感じる投球が出来ています。
序盤立ち上がりだけ、気を付けていけば勝利をぐっと引き寄せてくれると思います。

 

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

おすすめの記事