【カープ執念のドロー】ケムナそして塹江の与四球で4失点のうち3失点が四球の走者
スポンサーリンク

カープ執念のドロー  

九里投手ナイスピッチング

九里投手が今日もナイスピッチング。
失点は松山のエラーによる1点のみ。

立ち上がりから、マウンド上での表情もとてね自信に満ちたもので、気迫がこっちまで伝わってくるかのような頼もしいものでした。
7回で降板して、その裏に勝ち越して一時は勝ち投手の権利を得たけど、8回にケムナが3四球と珍しいヒットで同点に追いつかれてしまい、白星は消えてしまいました。

 

プロ入り初スタメンの宇草、林の2選手

今日のスタメンを見て驚きといえば簡単だけど、それでもカープファンの多くは楽しみでいっぱいだったと思います。
宇草はプロ入り初の1軍で即初スタメン。
林はプロ初スタメン。

宇草は、すぐさまプロ初ヒットを記録。
そしてプロ初盗塁と持ち味をいかんなく発揮して輝きました。

林は、いまだプロ初ヒットが出ず、次の出場まで持ち越し。
宇草のプロ初ヒットを見て感じることは多いと思うけど、決して焦らないように自分の持ち味である強くバットを振ってください。
いろいろと思うことがたっぷりすぎるほどあったんでしょうか、9回表のファーストフライの落球。
全てを次への糧と変えてくれたらいいです。

 

スポンサーリンク

今日の試合クローズアップ

九里投手今日もナイスピッチング

前回の完封勝利から引き続き、今日もナイスピッチング。
ただ、松山のまずい守備に足を救われ、1失点(自責点はゼロ)

7回 115球 5被安打 9奪三振 1四死球 1失点(自責点はゼロ)

 

大盛怒りの一発

解説の野村謙二郎氏が大盛選手の一発を"怒りの一発"と言ってました。
打線が左打線を並べる中で「なんで俺を使わないんだ」という怒りの一発だと。

このところ三振が多かったので、首脳陣がリフレッシュさせたんだろうということですが、今の大盛選手は出場したい一心だと思うので、まさに"怒りの一発"だったのかもしれませんね。

 

ケムナ3四球と大荒れ

この試合まで試合跨ぎながらも7イニング投げて被安打ゼロと絶好調で、8回というポジションを任されたケムナ。
ところが制球難で3四死球と大荒れ。
そして飛び出した何とも奇妙なサードへの打球。
名手三好が捕球出来ないようなもので、不運な同点タイムリーとなってしまいました。

ちょっと3四球は何とも残念な投球になってしまいました。

塹江の状態

このところ球威が完全に落ちています。
解説の野村謙二郎氏はすぐさま塹江らしいボールが来ていないと指摘していました。

投手出身の佐々岡監督の強みって、こういう投手の状態の把握力にあると思っています。
今季、中継ぎ陣の状態が悪いとはいえ、そこを監督の起用の妙を見せて欲しいと思っています。

 

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 阪神
遠藤 岩田

毎回言いますが、遠藤投手の立ち上がりをしっかり抑えてくれること。
そして不用意な四球を与えないことだけ気を付けて投球して欲しいです。

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

おすすめの記事