【カープ今日は勝ちたい試合だった】佐々岡野球に見る送りバントは堅実な戦略というより弱気にしか見えない
スポンサーリンク

カープ 今日は落とせない試合 負けなかったけど勝ちたかった

シーズンを戦っている中で、この試合は落とせないという試合が出てきます。
そんな試合が今日の試合でした。

9連戦を、7試合終わった時点で5勝2敗と波に乗りかけたのに、そこから2連敗して、結局は5勝4敗。
前回の阪神戦では初戦を取りながら、結局は1勝1敗1分け。

そして、この対DeNA3連戦の初戦を落とし、9連戦からの勝敗は6勝6敗1分けの5割。
悪くはないんだけど、とにかく波に乗れないチーム状態。

その間に最下位だった中日に抜かれて1ゲーム差をつけられての最下位に転落。
このままずるずる行きかねない雰囲気でした。
だからこそ、絶対に負けられない試合と位置付けていました。

いきなりの2点ビハインドから始まったこの試合。
不調ながらも修正して先発の役目を果たした先発野村投手。
ここまで不振を極めていた堂林のバットから生まれた反撃の一発。
それに呼応するかのように飛び出した田中広輔の同点弾。

とにかく勝ちたかった。

 

今日の試合クローズアップ

野村投手の修正能力の高さ

初回立ち上がりの連打を浴びる姿をみて、試合が壊れてしまうんじゃないかと心配するほどの悪さでした。
初回2失点を許して、2回、3回も先頭に出塁を許すなどして状態は悪そうでしたが、結局は先発としての役割を十分に果たすクオリティースタートを決めてくれました。

6回  7被安打  3与四死球  2失点

序盤はいつ崩れてもおかしくないくらい状態が悪かったけど、徐々に修正をして先発としての役目を果たしました。
改めて、修正能力の高さを見せてくれました。

堂林選手は不振から脱出したか

2点ビハインドからの、反撃ののろしを上げる1発は見事でした。
今日は久々のマルチで、これで不振から完全解凍完了と言いたいですね。

菊池涼介の打球の強さが戻って2番復帰

ここ数試合ずっと取り上げていますが、まだ打率は低いけど打球そのものの感じがよくなっています。
バットも強く振れているし、打球の強さもあるし、菊池らしさが戻ってきているなと感じていましたが、今日2番に打順をあげてきました、。

課題の中継ぎ陣

島内はこのところのピッチングが素晴らしいです。
1試合ごとに信頼感を増すばかり。
今日のような競った展開で信頼されてマウンドに上がって結果を出し続けています。

塹江も、一時期調子を落としかけた試合が続きましたが、このところ開幕当初の安定感が戻ってきました。
フランスアはもう信頼感は不動です。
10回薮田くんはとにかく不安だったけど、3者凡退でぴしゃり。

中継ぎ陣は、とにかくお見事でした。


送りバントについて

昨日も8回走者を置いて送りバントをしかけました。
1点ビハインドだったので、その作戦はベンチを信頼するしかないのですが、あの場面パットンの制球が乱れていたので攻めていればと思ってみていました。

そして今日も9回ノーアウト1塁で龍馬にバントの指示。
もう相手にとっては得点圏に置かれるより、龍馬から1アウト取れる方にメリットを感じてるはずです。
結果は送りバント失敗。
代走野間選手の盗塁成功でその失敗を帳消しにしたけど、後続が倒れてサヨナラならずでした。

今日はリードされているわけでなく、代走野間と打率3割を超えている龍馬だから何でも出来たはずです。
私個人としては、あそこ積極的に行ってくれてた方が、たとえダブルプレーでも納得して見ていたシーンでした。

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 DeNA
K.ジョンソン ピープルズ

明日こそK.ジョンソンに今季初勝利をあげて欲しいと願うばかりです。
ここまでカープが借金生活をしているのはK.ジョンソンの成績とリンクしています。
もう勝ち頃でしょう。
と、ここ何試合か言い続けてきています。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事