【カープ最下位転落】カード初戦取るもまたも勝ち越せず
スポンサーリンク

【カープ最下位転落】カード初戦取るもまた勝ち越しならず

4カード連続でカード初戦を取るものの、勝ち越したのは最初の2カードのみ。
その2カードは連勝するものの、3戦目を落として3タテすることが出来ず。
それでも、チーム状態はいい方向に向かっているとみんなが思っていました。

ところが、この前のカード中日戦では2戦目、3戦目を落としてカード負け越し。
そして今カード阪神戦では、初戦を取るものの、2戦目エース大瀬良の試合を落とし、そして今日は相手よりも多いヒットを放ちながらも引き分けに持ち込むも勝ち越せず。

借金5を抱えるチームの猛チャージがなかなか出来ず、ついにゲーム差なしながらも最下位転落。

それでも、火曜日からは、DeNA、巨人との3連戦。
向こうはどちらも裏ローテになるため、十分勝ち越しの期待が高まります。
ここで6連勝、または5勝1敗で行けば、一気に上位争いに食い込む重要な6試合となります。
逆に、もし負け越すようなことがあれば、一気に秋風を吹き始めます。

明日、火曜日からの6連戦の先発投手予想をアップします。
相手チームの先発予想もしますので、ある程度勝利期待度も計れますので楽しみにしておいてください。

今日の試合クローズアップ

遠藤投手クオリティースタート決めるも

6回2失点とクォリティースタートを決めているんだけど、そんなにいい投球をしていたかなぁというのが正直な感想です。
初回いきなり田中広のエラーがきっかけとなって2失点したけど、ボーアのところでの2失点目が痛かったです。

前回の巨人戦と違ってかなり制球に苦しんだ投球でした。
記録的には与四死球は2個ですが、相手がボール球に手を出してくれたりと助けられたところもあります。
ただ、きちんと修正しながら6回まとめてくれたのは遠藤投手の成長を感じます。

堂林のバッティング

どうしてここまで打つムードが無くなってしまったんでしょう。
ボールが見えてない気もするし、積極性も無くなっている気もします。
そんな中で、6回ダブルプレーになったけど初球から振りに行った積極性はこれからにつながると信じています。

菊池涼介は疲労から回復した

今日の振りは鋭いと、NHK-BSの解説者小早川さんが何度も繰り返し言ってました、。
ここは信じておきます。

代打の切り札いない

9回2アウト2塁のチャンスの場面、代打会沢。
昨季までの会沢は勝負強くてとても期待できる存在でしたが、今季の会沢にそれほどのものが感じられないです。
この時にベンチに残っていた打者は、会沢、石原、上本、三好、羽月、大盛の6選手。

この中で代打に送りだすのなら会沢で間違いないと思うのですが、その他のバッターにあそこで送り出す信頼度の高い選手がいないのが実情です。
であれば、送りバントでスコアリングポジションに送るのも作戦としてわかるけど、スアレスは制球が悪くアップアップしていましたから1アウトを献上するよりも積極的に攻めても良かったのではないかと思います。

ネットもこの場面は少しどちらがいいのか迷っていたようです。


フランスアに高まる信頼感

調子のいい投球が続いています。
これで直近5試合(今日の試合も含む)でヒットを1本も許していません。
与四死球が1個だけという完ぺきな投球が続いています。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事