【カープ3連勝ならず】2番坂倉という攻撃型打線沈黙で4位浮上ならず
スポンサーリンク

カープ3連勝ならず 2番坂倉という攻撃型打線沈黙で4位浮上ならず

今日の打順もちょっとびっくりの2番坂倉を入れたオーダー。
西川-坂倉-長野-鈴木-松山とバッティングの調子のいい打者を並べた攻撃型打線でしたが、4番鈴木誠也の9回に出た1安打のみと、佐々岡監督の狙いは外れてしまいました。

1対3で迎えた最終回にDJジョンソンが2失点したのが結果的に響きました。
9回裏に1アウト満塁まで攻め込んだので、2点差と4点差ではその2失点の大きさが効きました。

カープにとっては打順の巡り合わせも悪く、そこで迎えたバッターが菊池涼と田中広。
どちらもバッティングの調子が上がっていない2人に回ったのも残念でした。
ちなみに、控えに会沢、磯村が控えていたし、セカンド、ショートを守れる三好、上本もいたから勝負かけてもよかったと思ってみていました。

菊池がボール気味の球に手を出した時点で、相手のスアレスが開き直れていたように見えて立ち直ってしまいました。

ヤクルト戦に続き、同一カード1戦目2戦目と勝利しながら、3戦目で負けてしまい3タテ出来ないもどかしさあります。
それでも2カード連続勝ち越しと調子いいので、9連戦最後のカード、中日との3連戦も勝ち越して終わりたいです。
そのためにも先発九里にかける期待は大きいです。

今日の試合クローズアップ

遠藤投手はまずまず

先発として5回3安打に抑えたけど、四死球4と無駄な走者も出すことも多く、球数を重ねてしまいました。
前回の投球と比べて劣るものの、まずまずのピッチングだと思います。
課題は不用意な四死球を与えないことですね。

前回の巨人戦は果敢にストライク先行で投球で来ていたので、あのアグレッシブさを見せて欲しいです。

坂倉の打順2番について

坂倉のバッティングが好調で、1番から5番まで調子のいい選手で並べて上位打線で得点力を上げる狙いだったのでしょうが、全く機能しませんでした。
佐々岡監督は柔軟な采配で、いろいろと試してきていますね。
緒方前監督の頃には全く考えられないスターティングオーダーです。

中継ぎ踏ん張れず

今日の試合、遠藤が5回降板してから、菊池保-薮田-一岡-DJと継投した中継ぎ陣。
試合展開からして、一岡投手が浴びた被弾がとても痛かったです。
DJの課題はどうしてもボール先行するケースが多く、カウントを悪くするケースが見られます。
結果的には、最終回の2失点で試合を決められてしまいました。

菊池涼の表情がさえない

バッティングが調子悪いのもあるけど、どうも今シーズン開幕からベンチにいても菊池選手らしい表情があまり見られないです。
ずっと気になっていることを書いてみました

田中広の調子がいいのか悪いのか

菊池と比べて、菊池よりも状態は悪いと思っていたけど、ここ最近バットにボールが当たらなかった少し前と違い、ミートすることが多くなってきました。
調子が上がっているのかどうかまだつかめないけど、少し感じている変化です。

明日は相手先発小笠原ですから、スタメンでくるかどうか?
スタメンで来たら、ベンチがバッティングの状態が上がっていると判断しているのでしょう。
スタメンを外れたら、まだまだと感じているからだと思うので、ちょっと注目しています。

 

スポンサーリンク

明日の予告先発

広島 中日
九里 小笠原

九里投手が今季はさえません。
今季最初の登板で気迫の投球を見せて勝利投手になりましたが、その後がさっぱりです。
それでも前回の中日戦では、7回1失点の投球をしているだけに同じピッチングができるかどうか注目です。

スポンサーリンク
おすすめの記事