【カープ投手陣崩壊続く】巨人ヤクルト5試合で39失点の中でキラリ輝く投手
スポンサーリンク

巨人ヤクルト6連戦 投手陣崩壊続く

カープにとって今回の巨人ヤクルト6連戦は、いくら相手が上位チームとはいえ、4勝2敗の期待はできるとみていました。
なぜなら、マツダスタジアムでの巨人戦はめっぽう強いからです。
ところが投手陣総崩れで同一カード3連敗という屈辱を味わいました。

昨日はエース大瀬良が踏ん張って、連敗を止めてくれたけど、今日はまた投手陣が崩れ9失点。
これで直近5試合で39失点。
これでは勝てないです。

今日また打線を変えてきたカープ。
結果の出ないピレラを外し長野の起用。
小川先発だったから、もし外すとしたら野間スタメンかなと思っていました。

6点リードされて1アウト満塁での代打メヒア。
とにかく走者がいると全く打てないメヒアじゃなく、まだピレラのほうが期待持てた場面でした。

 

今日のクローズアップ

床田投手の異常な汗

昨季も汗びっしょりで投球していた姿をみているから、びっくりはしていないけど、あれだけ汗びっしょりだと、見ている側はとても体がだるそうに見えてしまう。
実際、球は走っていなかった。
そのあと、マウンドに上がったケムナの球の切れが半端なかったから、余計にそう見えました。

ケムナ投手の信頼急上昇中

これだけの失点を重ねる投手陣の中で、1人気を吐き、きらりと輝く投手がいます。
ケムナ誠投手です。

巨人戦でピンチの中、4番岡本をずばり三振に取ったシーン。
あの瞬間で、ケムナ投手の中で何かが変わったと思います。
そして、今日5回のピンチにマウンドに立ち2者連続三振でピンチを断ち切ったシーン。
おそらくベンチの信頼はまた1つ高まったと思います。

田中広輔の不振

今日もさっぱりの田中広輔。
佐々岡監督がスタメンから外す可能性も出てくるかもしれませんが、ショートのスタメン候補でこれという選手が不在です。
三好、上本あたりになりそうですが、打力が非力です。

小園はファームで相変わらず低打率で、伸び悩んでいます。

打ち出の小槌を持った堂林

今日もマルチヒットで4割キープ。
見てて素晴らしいのは、相手投手の失投をとらえているのではなく、インコースの厳しい球も体をうまく回転させて外野にもっていったりしています。
今回のこの好調さは、勢いとともに技術の確かさにも裏付けされています。


スコット、フランスア結果出せず

ファームで2試合被安打ゼロで結果を出してきたスコットに注目していました。
結果は3失点。

最近カープの外国人投手のスカウティングがうまくいっていません。
今から緊急補強に動くにしても、コロナの影響もあってすんなり来日するのも難しいので、他のチームも国内でのトレードで補強しているのが現状です。

スコット、フランスア、DJジョンソンの3人のうちで誰かが期待通りの投球をしてもらわないと、カープの浮上は期待できないです。
一岡の復調のような、中崎、今村、そして今季のセットアッパーの目玉と言われた岡田あたりの状態があがれば、外国人投手に頼らない戦力でまとまっていけたりもしますが、やはりスコット、フランスア、DJジョンソンの3人に期待せざる負えないです。

ベンチはまだ手探りというコメントを何度か残していますが、今季は120試合しかありません。

明日の予告先発

 

広島 ヤクルト
遠藤 高梨

明日は負けられない試合になってきました。
巨人ヤクルト6連戦、5試合終わって1勝4敗です。
遠藤に託します。

おすすめの記事